テレビ裏にあのグッズがお役立ち!今すぐ人を呼べる家にする方法
ESSE編集部
2019.08.14
  • この記事を
    シェア

来客が増える夏休みは、片づけベタさんにとっては面倒に感じる時季。そこで覚えておきたいのがサッと片づき、おしゃれにもてなせる簡単テク。もてなし上手な達人の、とっておきのアイデアをぜひ参考にしてください。

ゴチャつき、生活感を一掃して「人が来ても大丈夫な部屋」にするテク

生活感を完全に消すのは難しくても、香りをプラスしたり、散らかりが目立つところだけ棚やカーテンを使って仕切れば印象が一変します!

●ディフューザーは来客15分前にセット

ディフューザーを使用している様子
来客前に香りで空間をリフレッシュ!
気づきにくい生活臭を消すのに役立つのがハーブの香り。
「玄関にディフューザーを置き、蒸し暑い日はペパーミントなど季節ごとにチェンジ。15分ほどで空間がリフレッシュします」(みしぇるさん)

●ペット臭にはポットをひと振り

ポプリポットを振って香りを立たせる様子「普段から消臭と芳香にポプリポットを置いていますが、人が来る前はポットを振って香りをさらに立たせます」(森田めぐみさん)

ポットを上から撮影した写真華やかな香りで、ペットのにおいまでカバー。

●トイレ掃除の仕上げにアロマオイルを垂らす

アロマオイル来客前は念入りに掃除したいトイレ。
「清掃後、ミントの精油を便器の水たまりに1滴垂らすと除菌や消臭効果が。わが家では夜の習慣ですが清涼感ある香りに癒やされます」(みしぇるさん)

●室内干しスペースにはカーテンをつける

室内干しスペースにはカーテンをつけた様子「リビングの横に洗濯物を干しているので、カーテンで目隠しができるようにしています」(森田さん)
人が来たらカーテンをサッと引くだけ。あわてて取り込んだり、しまう必要もなくてラクチン。

●掃除道具、コード類はテレビ裏に棚をつけて目隠し

掃除道具、コード類をテレビ裏に棚をつけて目隠しした様子テレビ裏に無印良品の「壁に取りつけられる家具」を設置。掃除道具などを置いておくとサッと掃除ができます。

配線類にフックをつけコードをかけた様子また、チラッと見えるだけで生活感が漂う配線類。
「フックをつけコードを下にかけて、隠しています」(みしぇるさん)

「ここだけは!」チェックリスト

整理収納アドバイザーの中山真由美さんが、人を招く前にやるべき掃除や片づけのポイントを指南してくれました。

【洗面所】あちこちチェックされやすい洗面所回りは汚れを取る

生活感の出やすい洗面所は、いろいろなものが目に入る場所。とにかく清潔感が大切なので、目立つ汚れだけでもまずはきれいにしましょう。

・蛇口や鏡を光らせる

・洗面ボウルの黒ずみを取る

・洗濯機の上のものをどかす

・洗濯機に洗濯物を入れたままにしない

・歯ブラシなどの日用品を整列させる

【トイレ】こもったにおいを撃退。ホコリと髪の毛も取る!

洗面所と同じく清潔感が大切な場所。におい対策はもちろん、ホコリや髪の毛が落ちやすいので床や棚などをサッとはらっておくことを忘れずにしましょう。

・便器と床のつぎ目をふく

・掃除グッズ、サニタリーボックスの位置を整える

・髪の毛やホコリを粘着ローラーで掃除

・便器内の黒ずみは専用クリーナーで除去

・ペーパーホルダーのホコリをはらう

<イラスト/イオクサツキ 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【みしぇるさん】

手間をかけずに心地よい部屋づくりを実践するブログ「うらうらな日々。」は月間100万PV。収納や家事の著書も多数

【森田めぐみさん】
古民家をDIYでリノベーションした一軒家には急な来客もたびたび。飾る収納ワザも得意。インスタグラム(@marguerite289

【監修/中山真由美さん】
インブルーム取締役。整理収納アドバイザーとして、個人宅や企業の収納コンサルティング、セミナー講師など、多方面で活躍中