冷凍庫はパンパンにするのが正解。防災にも役立つ理由は?
2019.05.10
  • この記事を
    シェア

災害の多い国に住む私たち。長時間停電した際に気になるのが冷蔵庫の中身です。
「冷凍庫収納は10割収納することで、保冷力が高まることがわかりました」と語るのは、冷蔵庫収納家の福田かずみさん。詳しく教えていただきました。

防災の観点から、冷凍した食品がいちばんもつのは「10割収納」だった!

平成の時代は災害が多く、この30年で、防災に対する私たちの意識が高まったことを感じます。
各家庭でも、乾パンなどいわゆる備蓄食だけでなく、インスタント食品やレトルト食品、缶詰といった賞味期限の長い食品を意識的に備えているのではないでしょうか。
とはいえ、有事の際まず初めに手をつけるのは、カップ麺よりも冷蔵庫の中にある食品になります。

では、災害時など、長時間の停電した時、家庭の冷蔵庫はどのくらい保冷力を保つのでしょうか。
カギを握るのは、冷凍室です。

●冷蔵庫の収納率は「7割まで」がベスト!

ところで、今、皆さんの冷凍室にはどのくらいの冷凍食品が入っていますか?
「いつもパンパンです!」という方から、「冷食は利用しないの…」といった方までさまざまだと思います。

冷蔵室の収納率は、7割までがよいと言われています。それは、冷気の循環をよくするためです。
パンパンの冷蔵室では、庫内の温度にムラが出てしまい、食材を均一に冷やすことができません。

また、温度管理をするセンサーにより、冷えていない空間を感知し、それに合わせて冷気を多く送り込んでしまいます。そう、ムダな電気代がかかってしまうということにもなります。

●冷凍庫の収納率は「10割」が理想的!

一方、冷凍室はどうでしょう? 冷蔵室が7割なのに対して、冷凍室は、何割収納が理想なのでしょうか。正解は、なんと「10割」です。
その理由は、凍った食材同士が冷やし合うからです。

こんな実験をしてみましたので、ご一緒にご覧ください。
(実施日2019年3月26日~28日平均室温15℃)

こちらは、44Lの冷凍室です。(品番:パナソニックNR-B145W-W)

44Lの冷凍室
10割収納だと、凍った食材同士が冷やし合います
500mlのペットボトルが7本と1200mlと900mlの保存容器をそれぞれ2個ずつ、すべてに水を入れて完全に凍らせました。
コンセントを抜いて、食材を取り出したと想定して2時間後に一度開閉し、合計で丸二日間(48時間)後の様子です。

冷凍庫にあるすべてを出して並べた冷凍庫にあるすべてを出して並べてみました。一部溶けてはいるものの、おおむね凍っています。

こちらのペットボトルは約6割が凍ったまま写真ではわかりにくのですが、こちらのペットボトルは、約6割が凍ったままでした。

上下に重ねて収めていた容器の中で下に配置されていたものこちらは、上下に重ねて収めていた容器の中で、下に配置されていたものですが、ほぼ凍っている状態でした。
ペットボトルも下にあったものは、保存容器同様、溶けづらいことがわかりました。
このことからも凍った食材同士が冷しあうことが理解できると思います。

ちなみに、ペットボトルを1本だけを入れて電源を落としてみました。
同じように、電源を落としてから2時間後に開閉し、48時間後に様子をみてみました。

ペットボトル1本結果は、手にしたときに若干冷たくは感じましたが、完全に溶けて水になっていました。
このことから、冷凍庫収納は10割収納することで、保冷力が高まることがわかりました。

●立てる収納にはブックエンドがお役立ち!

いずれにしても、パンパンな冷凍室がいい収納になるのですが、毎日の食事づくりで、食材が見つからなかったり、取り出しにくく、しまいにくくてはいけません。また、食材のロスが生まれてしまってはいけません。

言うまでもありませんが、パンパンな冷凍室でも、整理された冷凍室でありたいですね。引き出し式の冷凍室で守っていただきたいことは、立てる収納を維持すること。すべての食品が上から見渡せるように収納します。

でも、庫内にたくさんの冷凍食品があるときは、立てる収納が維持されていても、量が減ってくると倒れてしまったり、ほかの食品と重なってしまい隠れてしまいます。
見えなくなると、そのまま忘れ去られてしまい、食材のロスになってしまいます。 

ブックエンドそこで、ぜひ活用していただきたいのが、ブックエンドです。本棚の本が少なくなっても、倒れないように抑えてくれる優れもの。こちらを冷凍室に設置し、冷凍食品が少なくなっても抑えてあげましよう。

そして、あきスペースには、ぜひ氷の塊を。

あきスペースには氷の塊をもちろん保冷力の点からは、保冷剤でも効果があります。でも、有事の際は、氷は命をつなぐ水になります。ぜひ飲料水を凍らせてくださいね。

●教えてくれた人
【福田かずみさん】

冷蔵庫収納家。独自の冷蔵庫活用術を構築し、家庭の冷蔵庫から食料廃棄をなくす啓蒙活動にも積極的に取り組む。ブログ「美人冷蔵庫LIFE」を更新中