1. トップ
  2. 家事コツ

家事にイライラしたら?達成感を得られる考え方のコツ

2019.06.13

家事と育児と仕事と。がんばりすぎて身も心もいっぱいいっぱい。ちょっとしたことでイライラしたり、気分が落ち込んだり…。
そんなときには、ほんの少し気持ちを切り替えるだけでご機嫌モードに切り替えられます。そのコツを整理収納アドバイザーのEmiさんにうかがいました。

家事のイライラが解消される気持ちの切り替え方

9歳の双子のママでもあるEmiさんも、家事と育児と仕事のバランスがとれず、悩んでいた時期があったそう。
自身の経験から編み出した“いつもご機嫌でいる”ためのコツを「あるある」のお悩みをもとに答えていただきました。

悩み:どうしても部屋が散らかってしまいます
解決策:そもそもそこにあるマットは必要? と一度見直しを

円形のラグ
円形のラグなら置き場所がズレても気になりません

散らかりが気になる場所は、“そもそも”の仕組みを見直してみて。リビングのラグはズレが気にならない丸形を選んだり、洗濯が面倒なトイレマットはなくしたり…。固定観念をなくすことで、余計な手間を省けます。

洗濯が面倒なトイレマットはなくす汚れやズレが気になるトイレや玄関のマットは、「そもそも置かない」という選択も。洗濯の手間が省けるうえ、掃除もしやすくなります。
散らかりも最小限に抑えられます。

お悩み:片づけばかりに時間を取られてしまいます
解決策:ひとりでやらずに、家族も巻き込む仕組みづくりを

デジタルタイマー「寝る前の3分だけ手伝って!」と家族を巻き込んでみてはいかがでしょう?
「よーいドン!」と言って競争したり、音楽をかけたりと、みんなで楽しみながらやるのがコツ。ひとりならたった3分でも、4人なら12分の作業量になります。

お悩み:家事も育児も中途半端で日々落ち込みます
解決策:「できたこと」だけをノートに書き込む

ペンとノート「できなかったこと」に目を向けるより、「できたこと」をノートに書き出してみましょう。「掃除機をかけられた」「ふきんを漂白できた」…など小さなことでもOK。達成感が得られて、前向きになれますよ。

お悩み:やることがいっぱいで日々焦ってしまいます
解決策:あえて後回しにしてもOKと決める

時計無理にその日じゅうに終わらせようとせず、あえて「洗い物は翌朝にやる」「掃除は週末にまとめてやる」と決めてもいいのでは? 「できなかった」のではなく、「あえてそう決める」ことで、後ろめたさはなくなるはずです。

毎日をHAPPYに過ごせるかどうかは、気持ちの持ち方しだい。すべてを完璧にこなそうとせず、ゆるさをもつことも大切ですね。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【Emiさん】

整理収納アドバイザー。整理収納や時短家事、子育てのアイデアを発信する「OURHOME」主宰。著書に『いつもごきげんな“わたし”でいたい!家事、育児の仕組みづくりと気持ちの切り替えアイデアBOOK』(PHP研究所刊)など多数

いつもごきげんな“わたし”でいたい!家事、育児の仕組みづくりと気持ちの切り替えアイデアBOOK




整理収納アドバイザーで双子ママのEmiさんと、8名の働くママ(OURHOMEスタッフ)の知恵がいっぱい。ちょっとしたきっかけで暮らしがまわりだすアイデア212。

  • この記事を
    シェア