面倒なキッチンの大掃除も「おでん方式」でラクラク!
  • この記事を
    シェア

2018.12.03

面倒なキッチンの大掃除ですが、「家事えもん」の愛称でおなじみのお笑い芸人・松橋周太呂さんおすすめの「おでん方式」なら、手間なくラクにピカピカにできるそう。
いったいどんな方法なのか詳しく聞きました。

家事大好き芸人・松橋周太呂さん
家事大好き芸人・松橋周太呂さんが教える!手間なしキッチン大掃除

キッチン回りを一網打尽にする“おでん方式”とは

使ううちに、いろんな汚れがたまっているキッチン用品。
いちいち洗うのは手間がかかりますが、「シンクに湯をはって酸素系漂白剤を溶き、汚れものを入れて1~6時間つけると、汚れがするっと落ちるんです」と松橋さん。

「いろんな汚れものを同じ液に入れるのは抵抗がありますよね。そこで、汚れの種類ごとに袋を分けました。その様子が、具の種類ごとに仕切りをつくるおでんに似ていることから、“おでん方式”と名づけたんです。この方法なら、油汚れやぬめり汚れなどあらゆる汚れをつけておくだけでキレイにできます!」

おでん方式
”おでん方式”の完成図がこちら
シンクいっぱいにつけおき液をつくって一気につけることで、湯の温度が下がりくく、洗剤が効果的に働くメリットも。1~6時間ほどつけおいたら、シンクの液を抜いて汚れの少ないものからぬるま湯で洗い流します。
「このとき、ゴム手袋をした手で残った汚れを軽くこすると簡単に落ちます」

おでん方式のキッチン大掃除の方法

(1)排水口を閉じる

排水口
排水口は、湯が漏れないようしっかい閉じて
排水溝のフタかゴミ受けをポリ袋に入れて口を閉じ、止水栓に。
「それでも水が漏れるときは、排水口にラップしてからフタをしてください」

(2)つけおき液をつくる

つけおき液をつくる給湯器を60℃に設定してシンクに湯をため、酸素系漂白剤を表示通りに溶きます。

油汚れの袋
油汚れの袋
二重にしたゴミ袋につけおき液を入れ、五徳や換気扇のファンなど、油汚れのひどいものをイン。袋の口は閉じて蛇口に結ぶか養生テープなどで固定してください。

ぬめり汚れ系
ぬめり汚れ系
油汚れ袋同様、ゴミ袋を二重にした中に、つけおき液とともに、シンクのゴミ受けや三角コーナーなど、ぬめり汚れがひどいものをまとめます。

「ベースには、シンク回りのラックなど、汚れがひどくないものを。溝などについた汚れやくすみが落ちて、ピカピカになりますよ!」

なにかと忙しい年末で、家族の手も借りられない…そんなときは短時間、かつラクに掃除をすませたいもの。
ESSE2019年新年特大号の特集「超ラクラク大掃除」では、キッチンのほか、浴室、トイレなどキレイにしたい場所別に、簡単・キレイをかなえる掃除術を紹介しています。ぜひこちらもチェックを。

●教えてくれた人
【松橋周太呂さん】

お笑い芸人。掃除、洗濯、料理が好きで、「掃除検定士5級」「ジュニア洗濯ソムリエ」「調味料検定“通”」を取得。「家事えもん」としてもテレビや雑誌などで活躍。近著に『ほったらかし掃除術』(SBクリエイティブ刊)

ESSE(エッセ)2019年新年特大号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/上野樹里

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ほったらかし掃除術

掃除って、ちょっとしたワザや便利な道具や洗剤に頼ってしまえば、今よりもっと「ほったらかし」にできて、掃除に費やす「時間」も「手間」も激減できるんです!