収納ボックスがゴミ箱状態!捨てられない人が処分するコツ
  • この記事を
    シェア

2019.03.14

文房具や薬などの細かい日用品を、いつも「あれどこいった?」と探していませんか? 大事なものが見つからないお家に共通しているのは、ものが多すぎるということ。本当に必要なものが不用品に埋もれてしまうせいで、探す、見つからない、買う、のループにはまってしまうのです。

「そんな人におすすめなのは、たった15分で終わる“ゆる捨て”をすること。気軽に続けられるのに、家がすっきりして心にゆとりが生まれますよ」と語るのは、もたない暮らしに関する著書やブログが人気の筆子さん。

ここでは「趣味のグッズや洋服が捨てられない」と悩む読者が、実際にゆる捨てを行いました。

捨てられなかった趣味のグッズ。ゆる捨てなら処分できた

体験してくれた読者・YさんのDATA
・本人40代
・夫、長男(10歳)、二男(5歳)と4LDKの一戸建てに暮らす

フルタイムの仕事に、PTAの役員など多忙な毎日を送っているYさん。整理が苦手で、探し物が見つからないとすぐ買って解決してしまうそう。今回は自室の作業スペースと、クローゼットのゆる捨てに挑戦しました。

まずは自分の部屋にある趣味の手芸スペースに着手しました。

作業スペース「自分しか使わない部屋だし、迷うものが多いので放置していました。でも15分&ゴミだけでもOKだと思うと、案外気楽に触ることができました」

●収納ボックス2つの中を整理
手芸が趣味だというYさん。何個もあるうちの2箱だけ中身を出したら、ビニールやタグなどのゴミがたくさん出てきます。

<捨てたもの>

ゆる捨てした手芸用品「あとで捨てようと思っているうち、ゴミ箱状態になってたんですね。ほかも見なければ!」

【BEFORE】

手芸用品ゆる捨て前箱が変形するほど荷物がどっさり入っていました。

【AFTER】

手芸用品ゆる捨て後半分以下に収まり、すっきりです。

●体力がないときは、無理せずボックス1つだけ整理
風邪気味だったので無理せず、この日は1箱分だけ。ゴミを中心に迷わないものだけ捨てました。

<捨てたもの>

手芸用品収納ボックスの捨てたもの「手芸用品自体は見直せなかったのですが、ゴミがなくなるだけですっきりしました」

もう合わない服を減らすだけで、クローゼットがぐっと使いやすく

買い物が大好きだというYさんのクローゼットには、服がぎっしり。長い間放置してきた場所ですが、15分だけならと気軽にゆる捨てに挑戦。

●体形に合わないスーツを処分

ゆる捨てスーツクローゼット内にあった古いスーツを見直したら、体形に合わない服が6着も。
「着てみるともう必要ないことが確信できますね」

<捨てたもの>

クローゼットゆる捨てしたものハンガーをかけるポール部分に余裕が出て、出し入れが驚くほどスムーズになりました。

●筆子さんのアドバイス:給料日はガラクタチェック日に

買いすぎてなにをもっているかわからなくなっている人は、給料日を買い物の日ではなく、ゆる捨て日と決めてしまうのも手。買いすぎ防止とガラクタリセットが同時にできます。

つい買っちゃうクセは、ゴミが原因だった!

その後もゆる捨て生活を1週間継続したYさん。ものとのつき合い方を見直すいい機会になったといいます。
「いかにゴミをためていたかということに気づきました。これからは、まず捨ててみて、在庫を把握してから買い物に行こうと思います」

そんなYさんが捨てられたものの一部を見せてもらいました。

●キッチン用品を捨てたら、探し物が見つかった!

おかずカップ引き続き、キッチンの収納棚にある引き出しを2段チェック。

キッチン収納棚の整理もう使わないランチョンマットやビニールゴミなどを処分しました。

<捨てたもの>

キッチン収納棚捨てたもの「なくしたと思っていたコースターが出てきてうれしかったです!」

●クローゼットの中に眠っていたダンボールを分別
ゆる捨て1週間から5日後、クローゼットのすみに不穏なダンボールを発見。

<捨てたもの>

クローゼットのダンボール「中身はかなり古いベルトの山。今まで気づかなかったことが不思議なくらい。以前とは意識が変わってきました」

●筆子さんのアドバイス:「使う」ことを意識して!

隙間時間にササっとゆる捨ては、習慣化しやすく、よい方法ですね。最近は低価格高品質のものが多いので、つい買いがちですが、ため込んでは意味がありません。買ったものをゴミにしないよう「使う」ことをしっかり意識すると、むだ買いや探し物が自然と減っていきます。

<撮影/合田和弘 イラスト/えのきのこ 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【筆子さん】

1959年生まれ、カナダ在住。夫と娘の3人家族。ブログ「筆子ジャーナル」で持たない暮らしに関する情報を発信し、月間250万PVに。著書に『それって、必要?いらないものにしばられずに、1週間で人生を変える30の方法』(KADOKAWA刊)

それって、必要?いらないものにしばられずに、1週間で人生を変える30の方法 それって、必要?いらないものにしばられずに、1週間で人生を変える30の方法


それ1つ変えただけで暮らしや人生が180度変わってしまう「要の習慣」をメインに、あなたの人生に劇的な変化をもたらす全部で30の考え方&習慣を紹介!