一家に一個!折りたためるバケツが漬けおきや掃除の救世主に
2018.10.31

お掃除や洗濯などの際にあると便利なバケツ。
ある程度の大きさがあった方が漬けおき洗いなどの使い勝手がいいですが、大きくなると収納場所に困ったり、重くて取り扱いに困ることも。

「私がおすすめしたいのは、折りたためるタイプのバケツ。わが家で掃除や漬けおきに毎日のように使っているものは、ぺったんこに折りたたむことができ、使い勝手がいいんです」と語るのは、家事や掃除をラクにする工夫を発信し、著書もあるAyakaさん。

愛用しているバケツについて、詳しく教えていただきました。

バケツ
折り畳めるバケツが便利!なんと7cm幅に

折りたたみバケツ1つあれば!毎日の家事が苦でなくなる

大きければ大きいほど便利に使えるものの、その分置き場所に困ってしまうバケツ。
でもこちらのバケツを見つけてからは、そんな悩みがなくなりました。

見た目は普通なこのバケツ見た目は普通なこのバケツ、折り畳んでいない状態では「31.5cm×30.5cm、高さは20cm」とたっぷりサイズ。

こんなに薄くなるんですですが、折りたたむと高さはわずか7cmに! こんなに薄くなるんです。

デッドスペースに収納引き出しのちょっとした隙間や、デッドスペースに収納することができます。

重量もとても軽く、約535g! 持ち運びもラクラクで腕が疲れません。
取り出す、しまう、持ち歩くという部分がラクになると、掃除や漬けおき洗いが、今までよりも格段に気軽になります。

●バケツの底に栓がついているとなにかと便利!

このバケツのもう1つの魅力は、底に水栓がついているところ。

このバケツは13リットルの水が入るので、水を入れて漬けおきしたりすると、かなり重たくなります。

水を流して捨てるのが容易にしかし、底に水栓がついていることで、水を流して捨てるのが容易に。

水栓は、回すだけで簡単に取り外すことができます水栓は、回すだけで簡単に取り外すことができます。

お水を入れた状態でも簡単お水を入れた状態でも簡単。
狭いシンクの上、洗面台の上でも、水栓のおかげで水を周りにこぼすことなく、流すことができるんです。

●折りたためるバケツの使いみちアイデア

軽くて丈夫、そして大容量なので、いろいろな使い方ができます。

漬けおき消毒まずは漬けおき。子どものお風呂場のオモチャを、漬けおき消毒します。
お風呂場の排水溝周りの部品も、頻繁に漬けおいて消毒消臭。

子どもの上履きも酸素系漂白剤で漬けおき子どもの上履きも酸素系漂白剤で漬けおき。
男性用や来客用スリッパも一度にたくさん入ります。ほったらかしておくだけできれいになるので洗濯がラクになります!

容易に運べる取っ手がついており、容易に運べるので、階段や上の階の床ふきの際にも大活躍!

ちなみにこの商品、私はネットで購入。価格は税込み2700円程度でした。
オンラインショップで「折りたたみ バケツ」で検索すると、ほかにもおしゃれなものや形が違うもの、もっと大きなものもありますので、家に合うものを探してみてくださいね。

家に合うものを探してみてくださいねお気に入りのバケツを見つけることができたら、年末にかけての大掃除も楽しくできるはずですよ。

※このバケツは、熱湯や塩素系漂白剤の使用には対応していません。
※バケツを漂白や掃除に使う際には、説明書きをよくご確認ください。

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

4歳と2歳の子どもをもつ母。2016年にマイホームを建てたのを機に、掃除、収納、日々の暮らしをSNSに投稿するように。書籍『時間もお金もかけない!ほったら家事』を出版

時間もお金もかけない!ほったら家事

家事に掛ける時間を減らしながらも、家族が帰りたくなる居心地の良いおうち作りを実現するアイデア満載。

このライターの記事一覧