節約効果もあり!秋掃除で重点的にやりたい4つのポイント
  • この記事を
    シェア

2018.10.17

家の内装がくたびれたり、家電が汚れたりすると、全部刷新したい気持ちになりますが、それではお金がいくらあってもたりません。

「結婚してから13年近く節約生活を続けている」という、節約術にも詳しい掃除ブロガーのよしママさん。今あるものを大切にする生活し、長く使う工夫をしているそう。
ここでよしママさんが、とくに節約に効果があると実感した掃除術を紹介してくれました。

カビやホコリをすっきり!家の掃除が節約にもなります

●こまめなカビ取りでリフレッシュ

こまめなカビ取り
節約につながる掃除術!家具や家電が長もちします
これから冬にかけて結露が発生しやすくなります。カビは家具をダメにしたり、カーテンや布団をダメにしたりする厄介者。
恥ずかしいですが、わが家も、窓周りの壁を何度もカビだらけにしてきました。 

そこで今は、塩素系ではないカビ取りスプレーや使い捨てシートで気軽にささっとふき取る習慣をつけ、壁紙、家具、カーテンがカビだらけになることを防いでいます。
先延ばしにすると取り返しがつかないので、手軽に頻繁に行うのがポイント。カビだらけになって買い替えとなると、もったいないですよね。

●家電はホコリ取りで長もち

家電を長もちさせるコツは「ホコリ取り」。とくに背後にファンがある家電は、家のホコリを集めてしまいます。その部分のこまめな掃除が、家電の寿命を延ばすのです。

家電はホコリ取りで長もち扇風機やファンヒーターをはじめ、冷蔵庫、除湿器、炊飯器、オーディオ類など、普段見えにくい場所の掃除も忘れずに行うようにしています。

家電はホコリ取りで長もち炊飯器を持ち上げるとファンがついていて、ホコリがビッシリでした!
重曹水やエタノールスプレーなどで綿棒を濡らし、手前に引くようにホコリのかたまりを出すと、スッキリきれいになります。

●壁の手アカは簡単に取れる

壁の手アカは簡単に取れる意外と汚れているのが壁。わが家の壁は白で、子どももいるため手アカが目立ってしまいます。全部ふくのは無理なので、汚れやすい場所だけを掃除しています。

汚れやすい場所はリビング、ソファの背後、トイレのスイッチ周り、玄関と洗面所の間、洗面台周辺。さらに汚れやすい高さは、大人の腰から肩にかけてのゾーンです。

普段はマイクロファイバークロスで簡単に水ぶき掃除をしています。汚れがひどい場合は、住居用洗剤を併用してください(壁紙によっては使えない洗剤もあるので、使う前に要確認を)。
壁が白くなり、これまた家がワントーン明るくなったような感じになります。

●年に一度の床のワックスがけ

年に一度の床のワックスがけ私が、いちばん節約効果があると実感するのが、床のワックスがけ。

普段は、掃除機をかけたりモップをかける程度ですませていますが、家電やファブリック類が少ない夏から秋にかけて、水ぶきしてワックスシートで床のワックスをかけます。

そうすると、床から光が反射して、家全体がきれいによみがえる感覚になり、いつものソファや家具も立派に見えてくるから不思議。賃貸のわが家でも、きれいな家に住んでいる満足感が得られます。

ワックスシートは普段のワイパーに取りつけるだけの簡単なものでも、効果があります。簡単ですので、ぜひ試してみてください。

不思議なことに、家をピカピカにみがいていると、買い物の意欲がなくなり、「今のままでいいか」「今の家が好き」という気持ちになってきます。
今ある家具や家電、生活用品を大切にすることで、購買意欲がなくなるので、おもしろいですよね。

これからの季節は掃除がしやすい時季。年末の大掃除に行うとなかなか手が回りにくい、床や壁、家電の掃除をしませんか?
気がつかないうちに節約できちゃいますよ。

●教えてくれた人
【よしママさん】

茨城県在住。11歳と8歳の子をもつお掃除大好き主婦。ブログ「節約ママのこだわり掃除」では、時短&家族にやさしい掃除、洗濯を研究。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)

家族が笑顔になる おそうじの魔法


おそうじブログ「節約ママのこだわり掃除」待望の書籍化! 人気おそうじブロガーが実践する、家が新築みたいによみがえる驚きの掃除術を大公開!