これがオキシクリーンの威力!シンクも衣類も漬けるだけでピカピカ
  • この記事を
    シェア

2018.10.22

「タオルや衣類が真っ白になる!」「シンクのくもりが取れてピカピカに」として今話題の洗剤・オキシクリーン。

「ひとつあると掃除や洗濯が格段にラクになります! 漬けおきしてほったらかす『オキシ漬け』だけできれいになるので、ぜひもっておきたい洗剤です」と語るのは、家事や掃除をラクにする工夫を発信し、著書もあるAyakaさん。詳しく教えていただきました。

オキシクリーン
オキシクリーンで家事をラクにしましょう!

「オキシ漬け」で家事がラクに!ほったらかすだけで家じゅうピカピカ

オキシクリーンは家じゅうで使える万能洗剤。キッチンのシンク、お風呂のタイル、洋服や靴など、さまざまなものをきれいにしてくれます。
酸素の力で汚れのみを分解して落とす「酸素系漂白剤」なので、色柄ものにも使えるのが特徴です。

日本では、コストコで売られているのをきっかけに人気が出ました。
アメリカ製と日本製の2種類があり、成分が異なります。

●キッチンのシンクがオキシクリーンで真っ白に!

毎日使うキッチンのシンクは、いつの間にかくすんでしまいます。また食器の洗いカゴやスポンジなど雑菌も気になるところ。

そんなキッチンのシンクに、包丁やスポンジ、五徳などを入れて一気に漂白洗浄! 新品のようにピカピカにしましょう。ここではアメリカ製を使用します。

排水口に栓(1)シンクに包丁やスポンジ、五徳などを入れ、排水口に栓をします。ビニール袋にお水をためて排水口に置くと、簡単に栓ができます!

(2)付属スプーン1、2杯のオキシクリーンをシンクに入れます。

40~60℃のお湯(3)オキシクリーンを入れたシンクに、40~60℃のお湯を勢いよく流し入れ、シンクいっぱいになるまでためます。
この温度がポイント。熱すぎても冷たすぎても効果が減ってしまいます。

2~6時間放置(4)この状態で2~6時間放置します。
オキシクリーンは6時間経ってしまうと効果を発揮しなくなりますが、それ以上漬けていても問題はありません。

(5)漬けおきが終わったら排水。シンク全体をスポンジでこすりながらしっかり洗い流します。

洗い流します(6)このオキシ漬けを月に1度するだけで、新品のようなきれいなシンクをキープできます!

●【Before】→【After】つき!タオルや衣類についた汚れも真っ白に

キッチンタオルやバスタオル、子どもの泥だらけの衣類や寝具も、オキシクリーンにおまかせ。

タオルや衣類洗面所で衣類をオキシ漬け。

汚れ漬けおき後の水を見てみると、汚れがこんなに!

Before【Before】汚れてしまっていた、キッチンで使う手ふきタオル。

After【After】オキシクリーンでここまで白くなりました。

Before【Before】子どもの泥んこになった衣類。

After【After】手洗いで落ちなかったガンコな汚れも、こんなにきれいになりました。

上記の写真は、オキシクリーンで漬けおきしたあと、洗濯をして乾かした状態です。
同様に子どもの上履きや外靴などもオキシクリーンでシミ抜きできます。

●オキシクリーンのメリットは「ほったらかせること」

オキシ漬けのメリットは、とにかく放置するだけという手軽さ。
放置するだけでピカピカになるので、漬けおき中にほかの家事をしたり、時間を有効活用できます。

家族に周知したうえで、夜寝ている間に漬けおきするのもいいですね!

※金属は基本ステンレスのみに使えます。塗装された金属やテフロン加工されたもの、スチール製のものには使えません。また使う際はゴム手袋を着用してください
※漬けるものによっては傷むこともありますので、よく説明書きを読み、目立たないところで試してください

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

4歳と2歳の子どもをもつ母。2016年にマイホームを建てたのを機に、「家族が帰りたくなるようなお家つくり」をテーマにお掃除、収納、日々の暮らしをつづったインスタグラム@ks._.myhomeをスタート。書籍『時間もお金もかけない!ほったら家事』を出版

時間もお金もかけない!ほったら家事


家事に掛ける時間を減らしながらも、家族が帰りたくなる居心地の良いおうち作りを実現するアイデア満載。