長ネギはカットして水に漬ける!ムダのない野菜室のつくり方
2018.11.29
  • この記事を
    シェア

冷蔵庫の野菜室といえば、深さのある引き出し式が定番。かさばる野菜類がたっぷりストックできて便利な半面、無計画にポンポン入れていると、なにをストックしているのか迷子になりがち。
気づかないうちに野菜がしなびてしまってがっかり…。そんな経験、ありませんか?

「野菜室こそ在庫管理が重要です!」
料理教室「ガルシェフ」を主宰、おもてなしプランナーとしても活躍中の高木ゑみさんに、とっておきの保存テクを教えてもらいました。

新鮮なうちに使いきりたい野菜類は「立てる&まとめるで取り出しやすく」

野菜室
在庫がひと目で見渡せるように収納するのがコツ
冷蔵庫は、開けた瞬間に中身がすべて見渡せることが使いやすさの秘訣。食材のムダがなくなるうえに、調理時間の短縮にもつながります。

●縦長の野菜はカゴやペンスタンドに立てて収納

縦長野菜

葉野菜やグリーンアスパラ、ニンジンなどは、畑に生えていたとき同様、立てておきます。「すぐに傷んでしまう心配がありません」

ペーパータオルに野菜残った葉野菜は乾燥と冷気の当たりすぎを防ぐため、乾いたペーパータオルで包んでからポリ袋へ。

●乾きやすい野菜は水に漬けておく

もやし乾燥して傷みやすい野菜は、水に漬けて保存すると、もちが格段にアップ。モヤシも水に漬けて保存します。

トマトミニトマトは全体が漬かるように。

ブロッコリーブロッコリーは根元を水に漬けて。

ネギ長ネギはちょうどよい長さにカット。切り口の1~2cm上が水に漬かるようにして保存します。

薬味青ジソは根元を水に漬けて。ショウガやミョウガは全体が漬かるようにすればOK。

●キノコは乾燥させてうま味をアップ

野菜室こちらは、野菜室上段の浅型の引き出し。キノコ類は蒸れやすいので、竹のカゴに移して保存。
「ラップをふんわりかけ、野菜室の中で干しキノコにする感覚で。うま味が凝縮します」

●半端野菜は1か所にまとめる

半端野菜ラップに食材が迷子になりやすい野菜室は、とくに使い忘れに注意したいところ。
「見えやすい上段を定位置にして、まずここをチェックします」

野菜室を完璧に使いこなせるようになれば、食材のムダが省けます。野菜の値段が高くなりがちな昨今、このテクはぜひ取り入れたいですね。

●教えてくれた人
【高木ゑみさん】

料理家、おもてなしプランナー。イギリスやオーストリアなどの海外留学をきっかけに料理の道へ。料理教室「ガルシェフ」を主宰。独自の台所メソッドが人気に。近著に『やる気の続く台所習慣40』(扶桑社刊)

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

やる気の続く台所習慣40


予約の取れない熱血教室の料理家が伝授する【すごい台所ルール】!これまで料理教室の生徒さん1000人以上を笑顔に変えてきた、プロのノウハウが一冊に!