サンダルやソファも!水洗いできないものはアルコールスプレーで除菌&お手入れ
2018.09.07
  • この記事を
    シェア

カーペットやソファに汚れをつけてしまった! おっくうな気持ちになりますよね。
小物と違ってじゃぶじゃぶ水洗いできないものこそ、アルコールスプレーの出番です!

「アルコール除菌というと、きれい好きな人が使うイメージですが、むしろ、掃除が苦手な人やラクに汚れを落としたいときこそおすすめ」と話すのは、ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさん。
一度使い始めると手放せなくなるという、アルコールスプレーの使いやすさをたっぷり教えてもらいました。

カーペットやクッション、車の中まで。水洗いできないものこそアルコールスプレーが威力を発揮!

雑菌やカビの繁殖を抑えたい水回りに効果を発揮するのはもちろん、水気を嫌う家電や、湿気を避けたいクローゼットにも使えるのがアルコールスプレーのすごいところ。
布製のソファやクッション、ラグなど、気軽に洗いにくいもののケアも得意! 揮発性が高いからすぐに乾くのもメリットです。

●食べこぼしで汚れやすいカーペットのお手入れに

カーペットとスプレー
ソファやクッション、ラグなど、気軽に洗いにくいもののケアはアルコールスプレーにおまかせ!
こまめに洗濯できないカーペットは、水でかたく絞ったクロスにアルコールをスプレーしてふくと、さっぱり!
「毛足の長いものは毛並みに沿ってケアを。畳も同じようにして掃除できます」

●クッション・ソファにスプレーして除菌

クッションにスプレー「布製や合皮のクッションやソファは、アルコールスプレーをたっぷりかけて乾かすと除菌ができます」
ただし、革のソファには使えないので要注意。専用クリームなどでお手入れしましょう。

●湿気や汗を吸う枕やベッドマットをケア

枕にアルコールスプレー-丸洗いしにくい枕やベッドマットは、皮脂汚れなどで雑菌が繁殖しやすいもの…。
「アルコールスプレーをたっぷりかけ、風通しのいい場所で乾かすとさっぱりして除菌にもなります」

●クルマの中の掃除にも便利!

車の座席にスプレークルマのシートなどの掃除にも、アルコールスプレーがお役立ち。
「全体に掃除機をかけたあと、水でかたく絞ったクロスにスプレーしてふきます。車内に湿気がこもらず、におい対策にも」

においを抑えながら除菌!ゲタ箱もアルコールスプレーでケア

湿気が苦手なゲタ箱も、カビをブロックしながらお掃除。サンダルやスリッパの除菌は習慣にしたいですね。

●サンダルについた汗や雑菌を除去

茶色のサンダル
一日履いたサンダルは、アルコールスプレーでさわやかにケア
においやベタつきが気になるサンダルは、アルコールスプレーを吹きつけたクロスでふき取るときれいに。
「雑菌が繁殖しにくくなり、におい防止にも。履いたあと、早めにケアしましょう」

●意外と汚れやすいスリッパの除菌に

スリッパにスプレー汗や皮脂汚れで雑菌が繁殖しやすいスリッパは、全体が湿るくらいたっぷりスプレーしてから乾かせば除菌に。
「来客前にすませておくと、お客さまを気持ちよく迎えられますよ」

●湿気を嫌うゲタ箱の掃除にも最適

下駄箱の棚に除菌タオルゲタ箱は水ぶきすると湿気を招き、かえってカビが発生しやすくなることも。
「水でかたく絞ったクロスにアルコールスプレーを吹きつけ、棚板などをふけば、カビをブロックできます」

●アルコールスプレーを使用する際の注意点

・引火性があるので、火のそばに近づけない。
・手荒れしやすい人は手袋をする。かゆみなどアレルギー症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師に相談する。
・ニスで塗装した家具やワックスがけした床に使うと、ニスが溶けてしまうことがあるので、目立たないところで試してから使う。
・揮発性が高いので、換気をする。

注意点に気をつけながら、アルコールスプレーのラクラクお掃除をぜひお試しください。

●教えてくれた人
【本橋ひろえさん】

北里大学衛生学部卒業。掃除や洗濯を科学的に解説するナチュラルクリーニング講座が好評。著書に『ナチュラル洗剤そうじ術』(ディスカバー・トゥエンティワン刊)

<撮影/山田耕司、林紘輝 スタイリスト/大沢早苗 取材・文/ESSE編集部>

ナチュラル洗剤そうじ術


大人気! 24万部突破のベストセラー最新版! 「重曹」「セスキ」「クエン酸」などの安心安全のナチュラル洗剤で 大そうじも毎日のおそうじもラクラク♪