襟にパウダー!?事前のひと工夫で手間が減る「予防家事」
ESSE編集部
2019.05.07
  • この記事を
    シェア

暖かくなってくると、カビの繁殖や皮脂汚れなど、衛生面が気になりがち。その分掃除や洗濯をいつもより念入りに行い、家事の負担が重く…なんてことになってはいませんか?その問題、事前に予防すれば防げるかもしれません。
ここでは、知的家事プロデューサーの本間朝子さんと、掃除ブロガーのよしママさんに、知っておけばお得なひと工夫をお伺いしました。

ベビーパウダーや水をかけて予防

●シャツの皮脂汚れ→着用前にベビーパウダーをかける

かけて予防「ベビーパウダーは汗や脂を吸収する性質があり、シャツの首回りにはたいておくと、皮脂汚れがつきにくくなります」(本間さん)。
洗濯前の面倒な予洗いが不要になります。

●シンクのヌメリ→調理前にシンクに水をかける

調理を始める前に、シンク全体にさっと水をかけるだけでヌメリ防止に。
「水の膜ができて汚れがつきにくくなるんです。調理後もさっと洗い流すだけ。キッチン掃除が簡単になりますよ」(本間さん)

●浴室のカビ→入浴後、壁に熱いシャワーを

入浴後は、浴室の壁に45℃以上の熱いシャワーをかけてから換気を。
「飛び散った泡や汚れなどが残っていると、カビの温床に。冷たい水よりお湯の方が早く乾燥し、水気も残りにくいんです」(本間さん)

●靴の汚れ→防水スプレーをかけて汚れ防止

子どもの運動靴は、洗ったあとに防水スプレーをかけて汚れを予防しましょう。
「地面に近い部分とつま先を中心にスプレー。これだけで洗う回数を減らせます。ジャンパーやコートの裾にもおすすめ」(よしママさん)

マスキングテープをはって予防

●サッシの黒ずみ→溝にマスキングテープをはって取り替えるだけ

サッシの黒ずみ汚れがたまりやすい窓のサッシの溝を、きれいに掃除するのはひと苦労。
「一度きれいにしたあと、マスキングテープをはっておけば、汚れたらはがして新しいマステにはり替えるだけ。掃除いらずになりますよ」(本間さん)

●プレートの手アカ→マスキングテープをはって汚れをガード

プレートの手アカ子どもがいる家庭などは、スイッチプレートが手アカ汚れなどで黒ずみがち。
「よく触るところだけマステをはっておけば、汚れを防止できて掃除不要に」(本間さん)。
かわいい柄のものをはれば、インテリアのアクセントにも。

歯みがき粉やトリートメントを塗って予防

●蛇口の水アカ→フッ素入り歯みがき粉でコーティング

蛇口の水アカ蛇口の水アカにはフッ素入りの歯みがき粉が有効です。
「歯みがき粉をティッシュでこすりながら蛇口全体に広げ、水で軽く流してから水気をふき取れば完了。フッ素の薄い膜が、汚れをつきにくくしてくれます」(本間さん)

●鏡のくすみ→ヘアトリートメントを塗って水をはじく

浴室の鏡は、シリコーン入りのヘアトリートメントを薄く塗ってコーティング。水をはじく性質があるので、くもりや水アカ汚れ防止になるんだとか。
「少量手に取って塗り広げ、シャワーで軽く流すだけ。入浴ついでに手軽にできますよ」(本間さん)

●教えてくれた人
【本間朝子さん】

知的家事プロデューサー。家事を効率化する方法や、常識にとらわれないアイデアを発信。著書に『ムダ家事が消える生活』(サンクチュアリ出版刊)ほか

【よしママさん】
掃除ブロガー。手間を省く掃除テクを追求し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で紹介

<撮影/山田耕司 イラスト/小泉直子 取材・文/ESSE編集部>

ムダ家事が消える生活 ムダ家事が消える生活


92%の主婦が「家事のイライラが減った」と実感!