ネギのみじん切りやジャガイモの皮むきが時短化!料理をラクにする裏ワザ
  • この記事を
    シェア

2018.08.29

料理の際、地味に時間を取られるのが、野菜を切ったり下ごしらえする作業です。じつは少しのテクニックで、その時間を短縮できることも。

ここでは、知的家事プロデューサーの本間朝子さんに、最速で料理を終わらせるためのコツを教えてもらいました。

ほんのひと工夫が時短に繋がる!知っておきたい野菜の下ごしらえテク

●万能ネギの小口切りはゴムで束ねるとスムーズ

万能ネギの小口切りはゴムで束ねるとスムーズすぐ広がってバラバラになり、意外と手間な万能ネギの小口切り。
「輪ゴムで束ねると、手でギュウギュウ押さえつけなくていいので、どんどん切れます。輪ゴムはときどき移動させるといいですよ」

●白髪ネギや長ネギのみじん切りはフォークが活躍

白髪ネギや長ネギのみじん切りはフォークが活躍
長ネギのみじん切り
面倒な白髪ネギや、細かい長ネギのみじん切りは、繊維に沿ってフォークで裂くと簡単。
「フォークの先は深く差し込まず、力を入れずにスッ、スッと横に動かすのがコツ」。適当な長さに切れば白髪ネギ、繊維と垂直に細かく包丁を入れればみじん切りに。

●ミニトマトは筋に沿って切ると汁が出にくい

ミニトマトは筋に沿って切ると汁が出にくいミニトマトを半分に切るときは、まずヘタを除き、上の部分をよく見てみて。へこんでいるところのラインに沿って切るようにすると、汁や種が飛び出しにくくなります。
「まな板や包丁が汚れにくいので、洗い物の手間がグッと減ります」

少しへこんでいるラインでカット写真の斜線部分のように、ヘタを除いたラインでカットすると、汁や種が飛び出しにくくなります。

●ゴボウの皮はアルミ箔で包むように洗うと速い

ゴボウの皮はアルミ箔で包むように洗うと速いゴボウの皮を包丁でこそげるのは意外に手間。
「アルミ箔を軽く丸めてから広げ、包むようにしてこすって水で流します。泥を落としながら皮もこそげ取ることができてラクちん」。子どもにお手伝いしてもらっても。

●切れ目を入れるとゆでcの皮がするっとむける

ジャガイモは、ゆでる前に芽を除きましょう。

ゆでる前ゆでる前に、ジャガイモの中心にぐるりと薄く1周切れ目を入れるのがポイント。

ゆでたあと「ゆでたあとは冷水に1分つけて、切れ目に沿って皮を軽くずらせば、するっと皮だけが外れます」

●教えてくれた人
【本間朝子さん】

知的家事プロデューサー。家事を効率化する方法や、常識にとらわれないアイデアを発信。著書に『ムダ家事が消える生活』(サンクチュアリ出版刊)ほか

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

ムダ家事が消える生活

92%の主婦が「家事のイライラが減った」と実感!やってもやっても終わらないあなたのその家事、実はムダだったかもしれません。ムダの元を知れば家事はもっとやめられる!