1. トップ
  2. 家事コツ

筋子もタラコも刺身も。新鮮さキープの魚介冷凍保存のコツ

ESSE編集部
2019.09.29
  • この記事を
    シェア

魚介類がおいしい季節に活躍するのが、冷凍保存ワザ。たとえば安価で出回っている旬の筋子も、冷凍保存すれば長く楽しめます。

買いおきした魚介をおいしくいただける方法を、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんに教えてもらいました。

鮮度をキープしながら調理にも使いやすく!魚介の冷凍ワザ

●<筋子>小分け冷凍で便利に長く楽しめる

筋子
筋子は小分けして冷凍しましょう
安売りや旬の時季に生の筋子が手に入ったら、バラして小分けにして冷凍しておくと、便利に長く楽しめます。生のままでも冷凍できますが、しょうゆ漬けにして冷凍するのがおすすめ。

【冷凍方法】

生筋子をバラしてイクラにし、しょうゆ漬けにします。1回に使う量にラップで小分けにし、冷凍用保存袋に入れて冷凍室へ。市販のしょうゆ漬けも同様。

【使用方法】

冷蔵室に移して解凍。食べる5~6時間以上前に移してゆっくりと低温解凍すれば、味や弾力が損なわれることもありません。サラダなどの料理の彩りに。

●<タラコ>冷凍しても味と食感は変化なし!

タラコタラコは冷凍に強く、味もほぼ変わりません。1腹ずつラップに包み、解凍してラップを絞り器のようして使うと、中身だけを絞り出せ、皮を除く手間が省けます。

【冷凍方法】

1/2腹ずつぴっちりとラップに包み、冷凍用保存袋に平らに入れ、中の空気を抜いて口をとじて冷凍。辛子明太子も同様に冷凍できます。

【使用方法】

ラップに包んだまま、冷蔵室で解凍するラップに包んだまま、冷蔵室で解凍。解凍後は腹の太い方の先をラップごとハサミで少しカットし、指で必要な分だけ絞り出してマヨソースなどに活用を。

●<タコ>解凍後も刺身で食べられる

タコ
薄切りにして冷凍すれば、解凍後においしい刺身に
刺身用のゆでダコは、食感や風味が変わりにくい冷凍向きの食材。薄く切っておけば使いやすく、冷凍前とまったく同じように活用でき、そのまま刺身でも食べられます。

【冷凍方法】

薄くそぎ切りにして、ペーパータオルで水気をふき取ります。冷凍用保存袋になるべく重ならないようにして入れ、中の空気を抜いて口をとじて冷凍室へ。

【使用方法】

冷蔵室、もしくは袋ごと流水で解凍。そのまま炒め物に使うなど加熱解凍も可能。刺身やマリネ、サラダ、炒め物など、冷凍前と同じように使えます。

1 2
ESSE10月号

もっとおいしくなる超・冷凍術

忙しい人こそ、「冷凍」で健康で豊かな食生活を!

購入