1. トップ
  2. 家事コツ
ちくわも食べごたえアップ!冷凍すると便利な加工食品
ESSE編集部
2019.09.25
  • この記事を
    シェア

あと1品たりない…ときに便利な、ちくわやしらたきといった加工食品。冷蔵庫で常備しておくのが一般的ですが、冷凍保存しておくと、楽しみ方が何倍にも広がります。

冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんに、加工食品の冷凍保存術を伺いました。

ちくわ
ちくわは冷凍すると食べごたえアップ!

しらたきやちくわを冷凍すると、食感が変わっておいしさもUP!

メインのおかずもそうですが、何品かそろえたい副菜こそ、ささっと手早く用意できたらいいですよね。そんなときこそ、冷凍庫を活用するべし!

●<ちくわ・かまぼこ>歯ごたえアップでおなかも満足

練り製品のちくわやかまぼこは、冷凍することで食感が変化。少しかたくなるので、食べごたえのある食材として便利に使えます。

かまぼこ炒め物やスープなどにすれば、味もよくしみて美味!

【冷凍方法】

ちくわはそのまま、かまぼこは薄くスライスしてから冷凍用保存袋に入れ、さらにかまぼこは薄く平らに広げます。中の空気を抜いて口をとじ、冷凍室へ。

【使用方法】

ちくわは冷蔵室で解凍すれば、そのまま食べられます。凍ったまま、炒めたり、汁物などに入れて使っても。かまぼこは生食には向かないので、加熱調理に使います。

●<しらたき>サラダにぴったりのコリコリ食感に

しらたき
冷凍するとコリコリ食感にチェンジ!
しらたきは冷凍すると水分が抜けて、コリコリとした食感が楽しめます。中華サラダなどに向いているほか、パスタの代わりとして使えば、ダイエットにも。

【冷凍方法】

アク抜き不要のものは水きり後そのまま、アク抜きが必要なものはゆでてからザルに上げ、粗熱をとって冷凍用保存袋(レンジ対応可)に入れます。薄く平らにし、口をとじて冷凍。

【使用方法】

電子レンジで解凍保存袋の口をあけ、水が出るので口を上にして耐熱皿に入れて電子レンジで解凍。水をきって食べやすい大きさに切り、サラダやあえ物、スープなどに入れてもOK。

●<もずく>味つきもずくはパックのまま冷凍できる

もずくもずくは冷凍に強く、解凍しても味も食感も変わらないうえ、味つきならパックのまま冷凍できてお手軽。味つけされてないものは、使い勝手を考えて小分け冷凍にするのがおすすめです。

【冷凍方法】

味つけされてないもずくは水洗いし、水気をしっかりきって小分けにし、冷凍用保存袋に入れて冷凍。市販の味つきもずくは、パックのまま冷凍室へ。

【使用方法】

味つけなしも味つきも、冷蔵室に移して解凍。味つけなしは解凍後、酢じょうゆなどの好みの味をつけたり、汁物などに入れて食べるほか、天ぷらなどにも。

加工食品を冷凍保存しておくと、あと1品の副菜がさっとできて便利。ぜひお試しを!

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【冷凍生活アドバイザー西川剛史さん】

冷凍生活アドバイザー、野菜ソムリエプロ。冷凍食品メーカーや販売会社で商品開発等を経験後、冷凍の専門家として起業。冷凍の資格である「冷凍生活アドバイザー養成講座」を開講。テレビや雑誌で活躍するほか、著書に『もっとおいしくなる超・冷凍術』(洋泉社刊)。公式サイトはVefroty

ESSE10月号

もっとおいしくなる超・冷凍術

忙しい人こそ、「冷凍」で健康で豊かな食生活を!

購入