じつは汚れてる食洗機や電気ケトル。クエン酸が有効!
  • この記事を
    シェア

2018.12.25

差し迫ってきた年末の恒例情事、大掃除。せっかく行うのであれば、徹底的にきれいにしたいものです。とくに見落とさないように気をつけたいのが、食洗機や電気ケトルといったキッチン周りの家電。使用頻度も高いため、じつは水アカなどの汚れが蓄積しがちです。

「そんなキッチン家電類の掃除には、クエン酸を使うとラクなうえに安心です」と教えてくれたのは、ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさん。詳しく教えていただきました。

水アカやにおいをすっきり落とすには、クエン酸を活用

クエン酸
クエン酸は、水アカやアンモニア臭などのアルカリ性の汚れに効果あり!
食品の「酸っぱさ」のもとでもあるクエン酸は、酸性の素材。水アカなど水回りの汚れや、トイレのアンモニア臭などのアルカリ性の汚れに効果があります。
「酸が強く、残しておくとサビなどの原因になるので、使用後は必ず洗い流してください」

<得意なこと>
・水アカや石けんカスなど、アルカリ性の汚れを落とす
・トイレのアンモニア臭や尿の飛び散り汚れを落とす
・タバコや魚のにおい消し・抗菌作用

<注意点>
・塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生するので絶対にNG
・酸が強いので、使い終わったら洗い流す
・大理石や鉄などの素材には 劣化やサビの原因になるので使わない
・目に入ると刺激があるので、すぐに洗い流す

クエン酸で、キッチン家電を掃除しよう

市販の強力な洗剤をキッチン家電に使うのは少し心配ですが、食品としても使われるクエン酸なら安心。汚れがおもしろいほどすっきり落ちます。

●電気ケトルにこびりついた水アカをすっきり!

電気ケトルにこびりついた水アカ電気ケトルにいっぱいの水を入れ、クエン酸小さじ1を加えて湯を沸かします。
「冷めるまでそのままおき、湯を捨ててすすいで。こびりついた汚れも緩むので、クロスなどでさっとふき取ります」

●食洗機のメンテナンスにも最適

食洗機のメンテナンス食洗機も使い続けていると水アカなどがたまります。普段洗剤を入れている場所にクエン酸小さじ1を入れて食洗機を作動させてましょう。終わったら、縁の部分などにこびりついた水アカなどをふき取ります。

重曹と組み合わせて、泡の力で汚れを落とす

重曹とは、食品としても使われている弱アルカリ性の素材。クエン酸と一緒に使うと発生する泡が、手の届きにくいところの汚れにも密着します。

●手の届かないパイプの汚れを泡の力で落とす

パイプの汚れ鍋に水2Lとクエン酸大さじ2を入れて沸騰させ、60℃程度に冷まします。次に、排水口の周りに重曹1/2カップをふりかけ、鍋のクエン酸水を注ぐと、ブクブクと発泡。泡が配管の汚れをはがします。

※クエン酸は、塩素系漂白剤やパイプ用洗剤など「混ぜるな危険」の表示がある洗剤と混ざると有毒なガスが発生し、命にかかわるので、間違えないようにしてください。

●教えてくれた人
【本橋ひろえさん】

北里大学衛生学部卒業。掃除や洗濯を科学的に解説するナチュラルクリーニング講座が好評。著書に『ナチュラル洗剤そうじ術』(ディスカバー・トゥエンティワン刊)

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

ナチュラル洗剤そうじ術


大人気! 24万部突破のベストセラー最新版! 「重曹」「セスキ」「クエン酸」などの安心安全のナチュラル洗剤で 大そうじも毎日のおそうじもラクラク♪