世界最速!一日7秒でおなかをへこませるダイエットとは?
2016.07.04
  • この記事を
    シェア

 この夏、ぽっこりおなかだけでもなんとかしたい…。そんな悩みに答えるのは、『一日7秒で腹は凹む』(扶桑社刊)著者の蓮水カノンさん。「おなかは毎日の食事や姿勢、重力でたるんでしまうもの。でも、毎日7秒引き締めれば排泄も促され、ちゃんとへこみます」。道具はメジャーひとつ。おへそから指3本分上に巻いたら、さっそくスタート!

道具はこれだけ!
道具はこれだけ!

「腹ペタ・ダイエット」基本の動き

1.足のかかと、親指のつけ根をそろえて立つ。そのままひざを曲げ、足をそろえたまま両ひざをくっつける

「腹ペタ・ダイエット」基本の動き2.太もものつけ根を前面に突き出し、ひざからウエストまでを一直線に伸ばす。同時にお尻を引き締め、下腹もへこませる

「腹ペタ・ダイエット」基本の動き3.お尻と下腹を締めたまま、目線を落とし真っすぐ立つ。メジャーでおなかを全力で締めて7秒間、口を閉じ鼻から息を吐き続ける

「腹ペタ・ダイエット」基本の動き
口を閉じ鼻から「んー」と吐く(7秒)
4.引き締めたおなかを元に戻しながらも、完成した腹ペタ・シルエットを維持したまま、静かにリラックス【Finish】

「腹ペタ・ダイエット」基本の動き

「腹ペタ・ダイエット」のQ&A

Q.7秒だけで本当に効くの?

A.「『全力で7秒間ほど筋肉を緊張させる』というのは、筋肉トレーニングの理論にきちんと基づいたもの。8秒以上引き締めたからといって、効果は変わりません。7秒間が最適な時間なのです」

Q.一日のどの時間に行うのが効果的?

A.「基本的にはどの時間でもOKですが、夜にコップ2杯の水を飲んで眠り、朝トイレに行ったあとに行うのがもっとも効果的。毒素を排泄したあと、朝の空腹時の引き締め力を利用して、グッと引き締めましょう」

Q.どのくらいで効果が表れる?

A.「まずは2週間を目標にしてみて。約1週間で、まず便の調子がよくなった、と感じる人も多いです。約2週間後には、ウエストがサイズダウンし、排泄しやすく太りにくい体質に変化したと実感できるはずです」

Q.食生活で気をつけることは?

A.「食事でとった不要物はすぐに体外に出すように意識してください。毒素の排出を助ける酵素を含む、フレッシュな野菜ジュースがおすすめです。利尿作用があり、脂肪を捨てやすいお茶も飲むといいでしょう」

<監修/蓮水カノン 撮影/難波雄史>

一日7秒で腹は凹む

本書では、「ダイエット=カロリー制限」という常識を覆します。そのうえで、「体重」ではなく「体型」に着目することで、一日たった7秒でお腹を凹ませる驚異のワザを指南します。