カリフラワーライスをご飯の代わりに!?年末年始の体重増にサヨウナラ
  • この記事を
    シェア

2017.12.11
年末年始はイベント続きで、体重増が気になる時季。なにかとダイエットが話題になりがちですが、今アメリカ・ニューヨークではカリフラワーライスが体型を気にする人の間でブームです。カリフラワーライスとは、カリフラワーをお米のように刻んだもの。現地では加工済で冷凍食品として販売されていたり、中食として売られていたりしており、カフェのメニューにもあるほど人気です。
では、そもそも、カリフラワーのどこが優れているのでしょう? そんな疑問を低糖質の研究者でもある城西大学薬学部教授・金本郁男先生に伺いました。

カリフラワーライス

低糖質を意識した食事をしたいならカリフラワーを取り入れて!

「カリフラワーはご飯と比較すると、糖質もカロリーも低い食品です。同じ80gだとしたら、糖質は16分の1、カロリーは6分の1。太りにくい食生活をするなら、低糖質を心がけましょう。たとえば、ご飯、パン、ジャガイモは、血糖値が急上昇しやすい、つまり脂肪になりやすいので、過剰な摂取は控えたい食品です。まったく食べないと、ストレスになり体にもよくないので、まずは、30%減を目指してください。減らした分をカリフラワーライスに置き換えるといいですね。ストレスなく低糖質が実現できます。カリフラワーライスを活用するのなら、とくに夕食がベターです」(金本郁男先生)

本当にダイエットメニュー!?低糖質なのにおいしい!

カリフラワーそんなカリフラワーライスですが、どうすればおいしく食べることができるのでしょう。栄養士で料理家の石川みゆきさんに、レシピを提案していただきました。
「カリフラワーは低糖質、低カロリーなだけでなく、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。そのうえ、煮る、焼く、炒める、茹でる、と料理にとっても使いやすいのも特長です」(石川さん)

カリフラワーを刻むまずカリフラワーライスをつくりましょう。つくり方はとっても簡単。
「カリフラワーを小房に分けて、包丁で刻むだけ。大きさにバラツキがあっても気になくて大丈夫。丸ごと刻んで、小分けにして冷蔵庫にキープしておくと、使いやすいんです。もし、フードプロセッサーを持っていたら、小房に分けたカリフラワーを入れて回すだけなので、もっと簡単につくれますよ」(石川さん)

食べ方の提案1つめは、いつもの献立のご飯をカリフラワーライスに代える方法。おかずはいつもどおりで、ご飯だけをカリフラワーライスにするので、ラクチンです。

カリフラワーライスカリフラワーライスを茶碗に盛ると、本当にご飯みたい。「おかずの鶏の照り焼きと一緒に食べても違和感がありませんよ」(石川さん)
※カリフラワーライス(80g)は、生のままか、電子レンジ(500W)で1分30秒加熱する

おかずの鶏の照り焼き人気のガーリックシュリンプのワンプレートメニュー。エビは低糖質、低カロリー、低脂肪なので、ダイエット料理に向いているそう。
※カリフラワーライス(80g)は、生のままか、電子レンジ(500W)で1分30秒加熱する

ガーリックシュリンプ提案の2つめは、定番人気のメニューです。
「ダイエット中だからとあきらめていた、大好きなカレーやチャーハン、オムライスなども、カリフラワーライスでつくれば、低糖質、低カロリーの食事になります。米と違ってふやけないので、スープライスにもぴったり。帰りが遅い家族の夜食にも活用できます」(石川さん)

サラダ3つめの提案は、サラダ。人気の彩りがきれいでおしゃれなサラダもカリフラワーライスでアレンジできます。1品で満足できるボリューム&栄養バランスがいいのものばかり。SNS映えしそうなメニューなので、食べる前に写真に撮ってみては?

今は、カリフラワーが旬な季節。さっそく、年末年始のダイエットが気になる時期から、カリフラワーライスを食事に取り入れてみてはいかがですか? 金本先生が監修した『食べてやせる!カリフラワーライスダイエット』では、このほかにもおいしいカリフラワーライスの食べ方を紹介しています。ぜひ、こちらもチェックを! 

●教えてくれた人
【金本郁男さん】

城西大学薬学部教授、薬学博士。富山医科歯科大学付属病院などの病院勤務の後、医薬品を安全かつ効果的に使用するための研究や教育のため現職に専念。薬剤師の見地からGI値を利用した、血糖コントロールの研究も行っている。『食べてやせる!カリフラワーライスダイエット』(扶桑社刊)など監修書多数。

<撮影/難波雄史 取材・文/大橋史子(ペンギン企画室)>

食べてやせる!カリフラワーライスダイエット


低糖質、低カロリーで、満足感が高い「カリフラワーライス」は、カリフラワーをポロポロにするだけ。カリフラワーライスを取り入れてダイエットに成功した3人を掲載。