お風呂でのぼせない!夜ぐっすり眠れる!湯たんぽをもっと効果的に使う方法
2017.11.30
  • この記事を
    シェア

安全でエコな暖房器具として人気の湯たんぽ。ベッドのなかにあらかじめ入れておき、冷たい布団を温めるという使い方をしている人も多いのではないでしょうか。でも、「湯たんぽは寝るときに足元へ置くもの」と決めつけないで! より効果的に温まる湯たんぽ使いのワザを、まだらめクリニック院長・班目健夫先生に教えてもらいました。

入浴前に湯たんぽを使い、 のぼせ知らずで温まる

入浴前に湯たんぽを使い、のぼせ知らずで温まる

寒さが厳しいこれからの時季。冷えきった体をお風呂で温めようとしても、芯から温まる前にのぼせてしまうことが。そんなときこそ湯たんぽの出番です。
「お風呂に入る前に、湯たんぽで体を“予熱”しておくと、のぼせず、しっかりと全身が温まります」
入浴前に、大きな筋肉が集中するおなか、前もも、お尻、二の腕の順番に、各5分を目安に湯たんぽを当てましょう。筋肉が熱を吸収し、体の芯から温まります。その熱が血流にのって手足に届くので、自然と体全体がぽかぽかに。その後に入浴すると、のぼせることなくゆっくりお風呂を楽しめます。

●冷えて眠れないときは湯たんぽをおなかと腰に

冷えて眠れないときは 湯たんぽをおなかと腰に夜、寒くて寝つけない! という人に、とっておきの使い方をご紹介。就寝前、湯たんぽを敷き布団のお尻が当たる部分に置いておきます。寝るときは、その湯たんぽをおなかにのせ、ぬくもりでサンドイッチ。

「湯たんぽを利用する場合、加熱する部位で効果が変わってきます。足が冷えるから足だけを湯たんぽで加熱するような使い方をする人が多いですが、じつはそれは効果の低い方法。足は局所的に温かく感じますが、温まった血液が下肢、大腿部から腹部そして心臓に戻る間に冷えてしまい、いつまでたっても冷えは解決しないのです」
おなかが温まったら、そけい部、太ももと順番に温める場所を変えて。腹部の体温が上がり、次第に下がっていくときに眠りにつきやすいので、寝つきがよくなります。その際に、低温やけどには十分気をつけて! 湯たんぽは熱しすぎず、カバーやタオルなどで熱さを和らげてください。

「湯たんぽは単なる健康器具ではなく、医療器具と考えています」という斑目先生。熱量が大きく、身体を温める熱量が大きいので、内臓の循環血液量を増加させやすくなり、内臓の機能が改善しやすいそうです。「理想的な湯たんぽの容量は2リットル入りのもの」と教えてくれました。
冷えは万病のもと。湯たんぽを上手に使って冷えを予防して、快適な冬を過ごしたいですね。

●教えてくれた人
【班目健夫先生】

医学博士。東京女子医科大学附属東洋医学研究所、同大学附属青山自然医療研究所クリニック講師などを経て、青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所を開設。『免疫力アップ!「湯たんぽ」で「冷え性」が治る 低体温が万病のもと』(だいわ文庫)などがある

<イラスト/オガワナホ 取材・文/ESSE編集部>

免疫力アップ!「湯たんぽ」で「冷え性」が治る 低体温が万病のもと


つねに手足が冷たい冷え症は病気予備軍!湯たんぽの上手な使い方から、体温を上げ免疫力を高める食べ方と生活習慣まで、冷え症改善のコツが早わかり。