話題の「おしり体操」!1日3分でおなかがやせる!ヒップアップにも!
2016.12.21
  • この記事を
    シェア

 健康で美しく生きるために鍛えるといい体の部位は、意外なことに“お尻”なのだそう。体でいちばん大きな筋肉であるお尻を1日3分鍛えるだけで、じつはいいことづくめの効果が得られるのをご存知でしたか?

お尻を鍛えれば、健康的でやせやすい体質になる!

「お尻の筋肉は一般に30代から衰え始め、弱ってくると、立ったり歩いたり、座ることも困難になり、ついには寝たきりになってしまうこともあるのです」

 そう言うのは、日本初のおしり専門トレーナーである松尾タカシさん。「おしり体操」でお尻の筋肉を鍛えれば、しっかり体を支えることができるようになり、ひざや腰への負担も減って、ボディラインがすっきり。若さをキープできるそう。「1日3分、2~3週間続ければ効果が実感できるはずですよ!」。

注意!これができない人は、今すぐ「おしり体操」を始めて!

これができない人は、今すぐ「おしり体操」を始めて!ひざが90度になるよう片脚を上げ、30秒キープ。これができない人は、かなりお尻の筋肉が衰えています。近い将来、足腰に支障が出る可能性が大!

初心者向けの「おしり体操」に挑戦してみよう!

 それでは、もっとも初心者向けの「おしり体操」をご紹介。アヒルをイメージした楽しくて簡単な動きですが、お尻の筋肉全体を柔軟に伸ばして活性化してくれます。「お尻のおもな筋肉は、重力に反発して立つ・歩くを可能にする“抗重力筋”と呼ばれるもの。その抗重力筋を鍛えるのに、このポーズは有効です」(松尾先生)

初心者向けの「おしり体操」に挑戦してみよう![やり方]

(1)足の間にこぶし1つ分をあけ、つま先とひざを正面に向ける。両手はおしりの上の方に置く

(2)お尻を後ろに突きだすように中腰の姿勢をとる。姿勢をキープしたまま8秒数える。このとき、胸をしっかりとはり、おなかをへこませる

<NG>

●両ひざがついてしまったり、つま先が開いてしまうと、ひざに負担がかかりケガの原因にもなるので注意する

ひざに負担がかかりケガの原因にもなるので注意●背中が丸まった前かがみの状態になってしまうと、お尻の筋肉がきちんと伸びず、効果が出ない

お尻の筋肉がきちんと伸びず効果が出ない

実際に編集部でもやってみた!

 最近運動不足で、おなか回りのお肉が気になってきたという、編集部のE子。早速「おしり体操」に挑戦してみました!

編集部のE子も挑戦してみた!
編集部のE子も挑戦してみた!
「8秒キープするだけなのに、想像以上にキツイ!背中やお腹、お尻、脚のつけ根あたりがピリピリして、普段使っていない筋肉が気持ちよく伸びているのを感じます。数回やっただけでも、体がポカポカ温まってくるのもうれしい。これなら、自宅でキッチンに立ったときなど、すきま時間にすぐできるから、私にも続けられそう!」

 忘年会、クリスマス、お正月…と、つい食べ過ぎるイベントが続く年末年始。「おしり体操」で、無理なくボディラインをすっきりキープしていきましょう!

※妊娠中や腰に不安がある方は、事前に行ってよいかを医師に相談し、異変を感じたらすぐに中止してください

【監修/松尾タカシさん】
ヒップアップ・アーティスト。長年フィットネストレーナーを務めた経験からお尻の筋肉に着目。お尻の筋肉を鍛えることで身のこなしを美しくする独自のメソッド、“プログレスボディ”を開発。著書に『足腰を強くしていつまでも健康! カンタンおしり体操』(KADOKAWA刊)など。エッセ2017年1月号「話題のおしり体操で体すっきり」にも登場。

<撮影/山田耕司>

足腰を強くしていつまでも健康!カンタン おしり体操

たった1回3分で一生歩ける足に!腰痛、ひざの痛み、頭痛、肩こりが消え、やせる…といいことずくめ!話題沸騰3万人の悩みを解決した究極のメソッド。


ESSE(エッセ)2017年新年特大号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/仲間由紀恵さん

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!