オレンジキャップのペットボトル温灸で冷え性を撃退!ツボへの刺激が超簡単
  • この記事を
    シェア

2016.12.02

 ペットボトルを使った温灸で、お灸と同じような効果を得ることがきるのをご存知ですか?「ホット専用ペットボトルにお湯を入れて行うペットボトル温灸は、だれでも手軽にできて、火も使わず安全です。当たる面が広いため、高度な技術がなくてもツボ周辺に当てることができ、効果を得やすいメリットもあります」と鍼灸師の若林理砂さん。

 今回は、冷え性をラクにするペットボトル温灸のやり方を教えていただきました。
冷え性をラクにするペットボトル温灸

冷え性をラクにする!ペットボトルを使った温灸の方法

 冷え性の人は、毎日ペットボトル温灸をすると全身の血流がよくなり、症状が改善します。同時に食生活を改善し、タンパク質をしっかりとりましょう。

[準備するもの]

●ホット専用のペットボトル
オレンジ色のキャップがホット専用ペットボトルの目印。それ以外はお湯の熱で変形することがあって危険なのでNG

●お湯の温度は80℃に
水100mlに沸騰したお湯200mlを入れるのが目安。必ず先に水を入れること。売っている温かいペットボトル飲料を使う場合、買ってすぐ使えばギリギリ効果が得られる温度です

[やり方の基本]

 ツボ付近にペットボトルを押し当て、3~5秒キープ。アチッと思ったら離すのを、3~5回繰り返して。冷え性の人や、場所によっては何度か繰り返さないと熱さを感じない場合も。厚手の服は避け、軽装で行います。

・ペットボトルの底のきわをツボに当てる。体の面に当てる際は底面や側面を使用
・アチッと思ったら離すのを3~5回
・1セット1~2分程度が目安

ペットボトルでツボを確実に押さえて、冷えを撃退!

(1)足の裏にある「湧泉」というツボに、ペットボトルの底のきわを押し当てる。アチッと思ったら離すのを数回繰り返し、反対側の足も行う

足の裏にある「涌泉」というツボに、ペットボトルの底のきわを押し当てる湧泉(ゆうせん):足の指を握るようにしたときいちばんくぼむところ

(2)ペットボトルを縦に持ち、脚の内側の「三陰交」のあるラインに側面を押し当て、アチッと思ったら離すのを数回繰り返す。反対側の脚も同様に

ペットボトルを縦に持ち、脚の内側の「三陰交」のあるラインに側面を押し当てる三陰交(さんいんこう):内くるぶしから指4本上

(3)ペットボトルの底面を、下腹の「関元」に押し当て、アチッと思ったら離すのを数回繰り返す

ペットボトルの底面を、下腹の「関元」に押し当て、アチッと思ったら離すのを数回繰り返す関元(かんげん):おへそと恥骨結合の真ん中

(4)ペットボトルの先を持ち、側面を「肩井」のツボに当て、アチッと思ったら離すのを数回。左右行う。2本で同時に行っても

ペットボトルの先を持ち、側面を「肩井」のツボに当て、アチッと思ったら離すのを数回。肩井(けんせい):大椎(首を前に倒して飛び出た骨の真下)と肩の先の中間

※ペットボトル温灸は病気を治療するためのものではありません。また、妊娠中や妊娠の可能性がある場合、持病がある場合、痛みがある場合などは、事前に医師と相談のうえ、行ってください

※ペットボトル温灸を一度に行うのは「肩こり」と「冷え性」など、2セットぐらいまでに。やりすぎるとかえって体がだるくなったりするので注意して

【鍼灸師 若林理砂さん】
「アシル治療室」院長。初診予約は2年以上先になるほどの人気。東洋医学や古武術にも通じる。著書に『安心のペットボトル温灸』(夜間飛行刊)ほか多数

安心のペットボトル温灸

火を使わないから安全で安心!誰でもできて効果を実感できる!火をつける従来のお灸よりも簡単に効果を出せると評判です!!