風邪をひきにくい人の5つの生活習慣!ストレス発散が上手だとならない!?
  • この記事を
    シェア

2016.11.24

 風邪をひきがちな人は、免疫力つけるための体づくりをしたいもの。年末が近づき、寒さも厳しくなるため、体調管理はますますしっかりしたい時季でもあります。そこで、風邪をひきにくい人が日頃から実践している5つの生活習慣を、内科医の西口めぐみ先生に教えてもらいました。
そもそも風邪をひきやすい人ってどんな人?

そもそも風邪をひきやすい人ってどんな人?

 西口先生によれば、風邪をひきやすい人の特徴は次のことがあるそうです。

「風邪をひきやすいのは、とくに仕事で忙しくしており、睡眠不足な人です。そういうタイプの方は、市販の風邪薬を飲んでも治らず、夜間の救急外来に来られるケースが多いです。また、そういった方の場合、ストレスにさらされていることも原因になっていることも。というもの、ストレスには免疫力を下げてしまう悪い働きがあるからです」

 ひとり暮らしの高齢者も風邪をひきやすい、と西口先生。原因はやはりストレスが考えられます。「ひとりで生活をされている場合、孤独や不安のストレスを感じるからかもしれません」。

風邪をひきにくい人の生活習慣5つ!

 では、反対に風邪をひきにくい人は、どのような生活を送っているのでしょうか?

●十分な睡眠をとっている

「“十分”の度合は人それぞれですが、しっかりと休養できるだけの睡眠が不可欠です。実際、睡眠不足の人は、風邪をひきやすいというデータがあります」

●ストレス発散が上手

「ストレスが強くかかると、ホルモンバランスが乱れ、免疫力も低下します。趣味に打ち込んだり、笑ったりすることもストレス発散となるため、日常生活を楽しむゆとりが大切ですね」

●バランスのとれた食事をとっている

「かたよった食事では、免疫に必要な栄養が不足する場合があります。また、腸は免疫力とかかわりがあります。添加物の多い食事は、腸内細菌の数を減らしてしまうこともあるので、避けたほうがいいですね」

●手洗い・マスク着用で予防している

「風邪をひき起こすウイルスは、人の咳や、くしゃみによる飛沫(飛び散るしぶき)により感染します。そのため、人の飛沫が付着した場所に触れたり、吸ったりする可能性があるため、外出時のマスク着用や帰宅後の手洗いは風邪予防として有効です」

●体を冷やさないようにしている

体を冷やさないようにしている「身体の免疫力を発揮するには、体温が高いことが不可欠です。風邪をひいて、熱を出すのは、免疫力を発揮するためです。お湯につかる、などの体を冷やさない生活を送ることが予防につながります」

 5つのうち、いくつ実践できていますか?忙しい毎日で、どれかが手薄になってしまうことってありますよね。もうすぐ一年でもっとも忙しい時期がやってきます。ぜひこれらの生活習慣をぜひ気に留めて、風邪をひかないように、元気に新年を迎えましょう!

【監修・取材協力/西口めぐみさん】
内科医。勤務医として働いている。病気になって、治療するよりも、病気になる前の予防が大切だと感じ、ブログを通じて啓蒙活動を行なっている。
ブログ:女医が語る、身体を健康にする5つの方法

<取材・文/渡かおり>