1. トップ
  2. ダイエット・健康

家族全員が新型コロナに。病状の「急変」に自宅療養の怖さを実感

2021.09.02

ますます感染が拡大している新型コロナウイルス。全国で感染者が2万人を超える日が続いており、重症者も8月31日時点で2100人を超え過去最多となっています。

もはやだれが感染してもおかしくない状況。今回は家族全員がコロナに感染してしまい、自宅療養を経験したESSE読者のAさんに、検査結果がわかったときの心情や、症状が急に悪化した夫の状況など、コロナに感染して実感したことについて伺いました。

寝込んでいる女性
家族全員でのコロナ感染。夫は症状が悪化し…(※写真はイメージです)

陰性を確認するつもりが…まさかの家族全員感染に呆然

夫と小学校低学年の子どもの3人で暮らす40代のAさん(神奈川県横浜市在住・会社員)。共働きで、Aさん自身はテレワークもしつつ週に3日ほど電車通勤にて出社し、夫は、ほぼ在宅でテレワーク勤務という状況。8月上旬に夫婦で体調不良を感じたときは、「ただの夏風邪だろう」と思っていたのだそうです。

「熱が37.8度くらいまで上がったものの、私はワクチンを1回接種済みだったこともあり、まさかコロナに感染しているとは思ってもいませんでした。近所の病院のコロナ外来にPCR検査を受けに行ったのも、陰性だとはっきり確認するため。味覚障害や咳などの症状もなく、陽性が判明したときは『まさか』という感じでした」(Aさん)

通知書
保健所からAさん宛てのコロナ感染の通知書

のどの痛みを訴え、一緒に病院に行った夫も同日にコロナ感染が発覚。病院に行くために近所に住むAさんの両親に預けていた子どもも発熱してしまい、PCR検査を受けたところ陽性に。ほどなくして、Aさんの母親もコロナに感染していたことが判明したそうです。

感染が発覚した時点でのAさん一家のワクチン接種状況は…

・Aさん→3週間前に1回目を接種
・夫→ワクチン未接種
・Aさんの父親→3週間前に2回目の接種も完了
・Aさんの母親→Aさんが体調不良を感じた前日に2回目の接種をすませたばかり

だったとのこと。

「保健所の調査では感染経路は不明とのことだったのですが、子どもや親も感染する結果になってしまい、とても申し訳ない気持ちになりました。今回、家族全員が感染してしまったことで、家族間での感染を防ぐのはなかなか難しいということを実感しました」(Aさん)

●約2週間の自宅療養では、食料品の確保の重要性を痛感

感染が分かってからは職場や子どもの学校へ連絡。子どもは夏休みだったこともあり、幸いにして職場や学校に感染者は出ませんでした。その後、2週間程は出社せず、自宅での療養が続くことに。

「買い物に行くことができない自宅療養中に役に立ったのが、保冷材。熱が出ていたため、食料品などについていたものをストックしておいてよかったと思いました。

一方で、もっと用意しておけばよかったと思ったのは、どんなときでも簡単に食べられる『おかゆ系のストック食品』。あわてて備蓄の食材を家じゅう探し回ったりしたので、非常時に備えた食料品の確保は大事だなと痛感しました。

そうした状況だったため、食事はほとんどウーバーイーツなどの宅配サービスを頼ることに。玄関への置き配にすれば、配達員の方と接触することなく受け取ることができました。また、ずっと家にこもっているなかで食事がかなりの気分転換になったため、冷たいアイスなどの嗜好品もあればよかったなと思います」(Aさん)

●自宅療養中は、県の療養サポートLINEを利用。オンライン診療の紹介も

ライン画面
Aさんが療養中に利用した神奈川県療養サポートのLINE

コロナに感染した場合、自治体はどういったサポートをしてくれるのでしょうか。

「神奈川県横浜市に住んでいるわが家の場合は、コロナ感染が発覚してすぐに、保健所から血液中の酸素飽和度を計測するパルスオキシメーターが送られてきました。オンライン診療も紹介してもらい、そちらも自宅療養中に利用することができました。また、今回は利用しなかったのですが、希望者には食品を玄関口に配布するサービスなどもあるそうです」(Aさん)

ただ、こうしたサポートが受けられるかどうかは、どの自治体に住んでいるかや、そのときの状況にもよりますので、自分の所属している自治体で現在どういったサポートが受けられるのかを確認することも、今後どれくらいの備えをしておけばいいのかの指標になるかもしれません。

1 2
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア