1. トップ
  2. ダイエット・健康

深田恭子さんが悩む「適応障害」は育児やテレワークも原因に。セルフチェックシートつき

坂元希美
2021.07.29

女優の深田恭子さんが「適応障害」と診断され、芸能活動を休養することを発表しました。適応障害についてESSE読者にアンケートをとったところ、「うつ病とはどう違うの?」「私はパニック障害と診断されたけれど、じつは適応障害なのでは?」といった疑問がたくさん寄せられました。

「適応障害とは、ある特定の出来事などで大きなストレスを感じてしまい、心や体につらい症状が出て日常生活が送れなくなるような状態になるもので、だれにでも起こりうるメンタルの不調です」と教えてくれたのは、メンタルの不調に詳しい産業医かつき虎ノ門事務所の勝木美佐子先生。適応障害の原因や治療について詳しく伺います。記事の最後にセルフチェックシートがついているので、参考にしてください。

頭をおさえる女性
なにかの原因があって抑うつ状態になるのが適応障害です(※写真はイメージです。以下同じ)

適応障害の症状は抑うつ、不眠や肩こりなどさまざまです

ストレスが引き起こす適応障害。大きなストレスの原因には、家庭や職場、学校などでの環境や人間関係の変化が考えられます。

会社で異動があったり、上司など関わる人が変わったり、コロナ禍でテレワークが増えるなども原因になります。

家庭では育児や介護などによって、それまでとは違う生活をしなければならなくなることもあるでしょう。進学、進級など学校の環境が変われば、子どもも大きなストレスを受けているかもしれません。

こういった出来事や環境の変化がその人にとって重要なものであるほど、つらい症状を引き起こしてしまいます。

●適応障害の症状は不眠や倦怠感、肩こり、飲酒量の増加など多岐に渡ります

具体的な症状には、不眠や食欲不振(増加することも)、全身の倦怠感や頭痛、腹痛、肩こり、ひどい疲労感におそわれるなど体に出るもの。

また、どうしようもない不安や焦り、落ち込みを感じたり、ちょっとしたことに敏感になったりパニックに陥ってしまうなど心に出るものがあります。
これまでよりお酒を多く飲む、ギャンブルに夢中になってしまうようなこともあります。

生き物は非常に大きなストレスを受けるとストレスから身を守るために心や体を一時的にマヒ状態にするので、こういった症状が出てくると考えられます。

しかし症状によって人間関係が悪化したり、家事育児が十分にできなくなる、職場や学校で遅刻、早退、欠勤が続くと、生活する上でとても困った事態になります。

●原因がはっきりしていて、原因から離れると改善するのが適応障害

医学的に適応障害とされる基準は以下のとおりです。

【適応障害の診断基準】

(a) ストレス因がはっきりしていて、始まってから3か月以内に症状が出る(※1か月とする基準もある)

(b) 症状によって(1)そのストレス因に不釣り合いな程度の症状、苦痛がある(2)社会的、職業的など生活に重要な領域の機能に重大な障害をきたしている

(c) ほかの精神疾患では説明できない

(d) その症状は「死別」によるものではない

(e) ストレス因やその結果がひとたび終結すると、症状は6か月以上持続しない

思い当たるストレスの原因があって苦痛や不調が始まり、原因になるものから離れると症状が収まったり治るのが適応障害の大きな特徴です。

●生真面目な人、頼まれると断れない人は気をつけて!

環境の変化などは自分では避けられないものですが、だれでも適応障害に苦しむわけではありません。こんな人は気をつけてほしいと考えます。

女性

【適応障害に気をつけたいのはこんな人】

□生真面目で几帳面
□心配性
□頑固で気が強い
□責任感が強い
□完璧主義
□頼まれると断れない
□気が小さい
□周りの意見を気にする
□失敗や苦悩を引きずりやすい

「これって私かも?」と思った人は、生活に大きな変化があった時には体調の悪化に気をつけた方がよさそうです。

●適応障害とうつ病は「抑うつ」が共通しています

メンタルの不調には「抑うつ」といわれる「気持ちが沈んだ状態」が共通して多く現れます。その中に適応障害やうつ病、パニック障害などの不調や精神疾患があります。

たとえば、うつ病ではこれといった原因が思い当たらず(常にストレスに晒されていることも)、原因だと思われることから離れてみても改善しません。また、今まで楽しめていたことができなくなるとよく言われます。

一方で、適応障害ではストレスの原因から離れるとすぐに症状がなくなること、楽しいことがあれば楽しめるのが大きな違いです。職場や学校に原因があれば、休んで家にいる間は元気になったり、趣味は楽しくできたりします。
そのため、抑うつ状態にあることを「甘え」や「怠け」だと思われることもありますが、放置すると深刻な事態になるかもしれないので、注意しなければなりません。

適応障害はストレスの原因がはっきりしていて、取り除いたり離れたりするとよくなるものです。深田恭子さんがドラマを降板し、休養したのは基本的な対応と言えるのです。

1 2
  • この記事を
    シェア