1. トップ
  2. ダイエット・健康

まさか!夫が新型コロナ陽性に。ホテル療養の持ち物と、自宅待機中の過ごし方

ESSEonline編集部
2021.06.17

10都道府県に発令された3回目の緊急事態宣言が再延長されるなか、東京や大阪では高齢者へのワクチンの大規模接種が始まり、新型コロナウイルス収束の希望がうっすらと見えてきたのではないでしょうか。ですが、現役世代へのワクチン接種はようやくこれからで、東京オリンピックを目前に控え、まだまだ心配はつきません。

もしも自分や家族が新型コロナウイルスに感染したら…と不安な気持ちを抱いている方も多いと思います。そこで今回、今年の5月に夫(48歳)が新型コロナウイルスに感染したライターの佐山知佳さん(仮名・46歳)に、家族が新型コロナウイルス感染者になった際の体験談と、そこから学んだことについてつづってもらいました。

体温計を持つ様子
ただの風邪だと思ったら夫がまさかの新型コロナウイルス陽性に(※写真はイメージです。以下同)

ちょっとした微熱…念のための検査で、夫がまさかの「陽性」に

ことの発端は、ゴールデンウィーク最終日の夕方。夫がなんとなく熱っぽいと熱を測ると37.3℃の微熱でした。食欲あり、味覚・嗅覚あり、倦怠感なしの体調だったので、風邪をひいたかもね~と気楽に話していました。

翌朝も熱は微熱のまま。子ども(10歳)の小学校から「同居家族が体調不良の場合、登校を見合わせること」と言われているため欠席させ、夫はかかりつけの病院に電話をかけ相談することに。

かかりつけ医に状況を伝えたところ、発熱者がPCR検査を受けられる病院を紹介してくれたので、すぐに1人で車で向かいました。あとで聞いたところ、即時型の検査で、目の前で「陽性」にラインが入ったキットを見せられたそうです。

<夫が発熱してから隔離が終了するまでの流れ>
[2021年5月5日(水)夕方] 夫が37.3℃の微熱を発熱
[2021年5月6日(木)朝] 再度体温を測定。37.1℃。子どもの学校に欠席連絡を入れ、かかりつけ医に電話で相談。その後PCR検査の結果、陽性が判明。自宅内隔離開始。保健所からの勧めでホテル療養が決定
[2021年5月7日(金)] ホテルに入る日は、8日の昼頃と確定
[2021年5月8日(土)] ホテル療養開始
[2021年5月14日(金)午前] ホテル療養終了。許可が出たため公共交通機関で帰宅

・自宅隔離1日、ホテル療養6日間。子どもが学校を休んだ期間18日間(土日含む)※夫がホテルに移った日が最終接触日となり、そこから2週間出席停止となるため、陽性が判明した5月6日から5月23日まで登校できませんでした

●夫が病院から帰宅後、すぐに自宅隔離を開始

ドアノブ
(※写真はイメージです)

帰宅後は夫は1階、私と子どもは2階で生活する自宅隔離生活に。幸い、1階2階両方にトイレと洗面所があるため、ほぼ完全に隔離することができました(お風呂は私と子どもが寝たあとに入っていました)。

食事は部屋の前に置いておき、食べ終えたら食器を出してもらうスタイルに。保健所の方から「食器や衣類は家庭用の洗剤で洗えば、ウイルスが不活化します」と聞いたので、いつもどおりに洗って使用しました。夫が使用したものを触ったあとは、必ず手洗い・アルコール消毒を行いました。

1 2 3 4
  • この記事を
    シェア