1. トップ
  2. ダイエット・健康

50代女性の潜在的睡眠不足。「寝つきがいい人」はむしろ要注意

長岡希実
2021.04.02

春は寝ているつもりなのに朝起きられない、日中眠い…そんな人も多いのではないでしょうか?
なかでも日本の50代女性の睡眠時間は世界的に見ても短いことが判明しています。

自覚されにくい睡眠不足について日本睡眠教育機構 上級睡眠健康指導士の長岡希実さんに教えてもらいました。

布団にあくびをするパジャマ女性
寝ているつもりなのに眠い…睡眠不足かも?(※写真はイメージです。以下同)

50代女性が睡眠不足の理由。適切な睡眠時間を確保するには?

「春眠暁を覚えず」と有名な漢詩の一節にも詠まれているとおり、春はなんだか眠いなと感じている方は多いのではないでしょうか。睡眠学からみれば春に眠いのは自然なこと。しかし皆さんが感じているその眠気は、果たして季節だけのせいでしょうか。気をつけなければいけないのは、自覚されにくい「潜在的睡眠不足」です。

●春にやたらと眠くなってしまう理由

人間を含む地球上の生物は生体リズムを持っています。そしてその生体リズムは、太陽光のエネルギーに大きく影響を受けています。私たちが暮らす地球は、自転によって太陽光が当たる昼と当たらない夜があります。そして公転によって太陽光の当たる角度が変わり、四季が訪れます。地球上の生物は、ずっとこの太陽光の変化に適応して暮らしてきました。

春に眠いのは、眠りを誘うホルモン「メラトニン」の分泌が関係しています。冬から春になるにつれ、明るくなる時間がだんだん早くなっていきます。メラトニンの分泌は明るくなると低下するため、ゆっくり眠れなくなり日中に眠気を感じてしまうと考えられます。一般的に太陽が出ている時間が長いほど睡眠時間は短く、太陽が出ている時間が短いほど睡眠時間は長くなります。つまり、季節によって睡眠時間は変動します。

●50代女性は睡眠時間が世界から見てもたりていない

肩をおさえる女性2015年のNHK国民生活時間調査報告によると、日本人の睡眠時間は欧米のどの国よりも短く、国民全体平均で平日7時間15分となりました。なかでも50代女性の睡眠時間がもっとも短く、平日平均6時間31分と国民平均より44分も短くなっています。また、同調査で、50代女性は平日も休日も平均4時間34分を家事に費やしていることがわかっています。

これらの結果から見えてくるのは、「平日も休日も忙しく慢性的な睡眠不足状態」である日本人女性の姿です。
ただでさえ忙しいし、自分の時間もほしい…。そうなると必然的に睡眠時間が犠牲になってしまいますよね。

1 2
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】