1. トップ
  2. ダイエット・健康

プレーンと無糖はなにが違う?ヨーグルトや牛乳の種類を知りたい!

2016.03.05

食品偽装の問題などが話題になっている昨今。正しい知識を身につけて、賢く食材選びを!チェックすべきポイントを、女子栄養大学栄養クリニックの管理栄養士・新井麻子さんに教えてもらいました

牛乳の種類による違いが知りたい!

おいしさ、健康、値段。好みのものを選んで

 現在、市販されている牛乳の9割は超高温殺菌(120~150℃で1~4秒間)。低温殺菌牛乳(60~65℃で約30分)の方が生乳の風味に近く、甘味も感じられるといいますが、価格は高めで保存期間も短め。カロリーが気になる人には低脂肪乳や無脂肪乳などがあるので、好みや健康状態によって、ぴったりのものが選んで

牛乳

牛乳が苦手な人もおすすめ!

・低温殺菌牛乳

低温で殺菌を施すため、タンパク質やカルシウムの熱による変性が少ないとされています。ただし、栄養価に変化はありません

・成分無調整牛乳

牛乳の製造工程で、とくに成分を調整していないもの。しかし、「種類別牛乳」であれば、表示はなくてもすべて“成分無調整”牛乳

ヨーグルトの種類によって味や甘さはどう違うの?

味わいのカギを握るもの、それは、“乳脂肪分”

 ヨーグルトは、含まれる乳脂肪分が多いほど酸味が抑えられ、まろやかに。今や、メーカーごとに開発が進み、カロリー&脂肪分オフや、さまざまな菌をプラスして、健康的効果をアピールするものなどが多く登場

ヨーグルト

【甘さ】

プレーン
●生乳100%
生乳だけを原料に発酵させ、乳脂肪分など成分を調整していないもの。甘味などは加えられていない
●無糖
糖分を加えないヨーグルト。原料は生乳のほか、乳製品である脱脂粉乳や生クリームが含まれることも

●低糖
通常の甘味をたしたヨーグルトよりも、糖分を低く抑えたもの。カロリーを気にする人に

【菌】

・乳酸菌
・ガゼリ菌
・ビフィズス菌
・LG21
・L.カゼイシロタ株etc.

― 食材の上手な見分け方、選び方 ―

<撮影/山川修一、山田耕司 取材・文/福山雅美>

  • この記事を
    シェア