1. トップ
  2. ダイエット・健康

立ったままできるテニスボールダイエット。猫背や肩コリ改善も

ESSE編集部
2021.03.31

テニスボールダイエットは、ボールを使って筋膜をゆるめて伸ばす、シンプルなエクササイズ。骨格が整うと、血流やリンパの流れも改善。代謝が上がって太りにくくなるなどのメリットがあります。

女優やモデルから支持を集めるカリスマトレーナーのKAORUさんから、デコルテやせ&猫背改善の方法を教えてもらいました。

美姿勢でスタイルアップ!デコルテやせ&猫背改善

壁と自重を利用して、肩から腕にかけての筋肉をほぐします。デコルテが美しく整い、猫背や肩コリの改善にも。

<ボールを当てる位置はココ>

上半身横向き女性
ボールを当てる位置

(1) 肩と壁の間にボールをはさみ、ひざを屈伸させてボールを上下に動かす

肩(上腕)と壁の間にテニスボールをはさみ(図(1)の位置)、痛気持ちいい程度に圧をかける。そのままひざを屈伸させ、ボールを上下に動かす。

壁と腕の間にボール
30秒

・目線は正面
・ボールに垂直に体重をかける
・腕の力を抜く

(2) 壁に対して体を45度に向け、ボールをはさみ上下に動かす

壁と肩の間にボール
30秒

壁に対して体の向きが45度になるようにして立ち、壁と肩(上腕)の少し内側にボールをはさみ(図(2)の位置)、(1)と同様に上下に動かす。

(3) 体の向きを戻し、ボールを下にずらして上下に動かす

腕と壁の間にボール
30秒

体の向きを(1)に戻し、(1)のボールの位置からボール1個分下にずらしてはさみ(図(3)の位置)、上下に動かす。(1)~(3)を反対の肩も同様に行う。

<POINT>

肩と壁の間にボール落とさないコツはボールを見ないこと!

エッセ読者がチャレンジ!

エッセ読者が実際にテニスボールダイエットをしたところ、1回試しただけで、ウエストがサイズダウン。シルエットも見違えるように!

【Aさん(40歳・東京都)】

夫、長男(5歳)、二男(3歳)の4人家族。年齢を重ねるにつれ、やせにくくなるのを実感。以前より体が冷えやすく、疲れやすいのも悩み。

●体のラインが整い、悩んでいた足裏のガサつきがツルツルに

<BEFORE>

黒Tシャツ女性横向き年齢とともに、やせにくくなったと感じていたAさん。
「ジワジワとおなか回りが太り、冷えや疲れやすさも気になっていました。なんとかしたいと、テニスボールダイエットに挑戦。すると、たった1回試しただけでウエストが細くなってびっくり! 脚のむくみやデコルテ、フェイスラインもすっきりした気がします」

その後、2週間継続したところ、細くなったウエストはキープし、パンパンだった脚のむくみが解消したそう。
「さらに、病院に通うほど足裏のガサガサがひどかったのですが、うそのようになくなり、ツルツルになりました!」

<AFTER>

黒Tシャツ女性Afterたった1回のエクササイズでボディラインが整ってすっきり! 姿勢がよくなってバストアップ。

・ウエストマイナス3cm!

ウエスト計測ウエストマイナス3cm、おなか回りもマイナス1cm。全体的にシルエットが整い、若々しい印象に。

・2週間後はさらに効果が

足毎日午前と午後に1回ずつ継続したところ、ウエストはマイナス3cmをキープ。悩んでいた脚のむくみが解消し、ふくらはぎはマイナス1cm。足首もすっきり。

もっと知りたい!テニスボールダイエットQ&A

効果的に続けるためにはどうしたらいい?読者の素朴な疑問に答えてもらいました。

Q:テニスボール以外のボールでもいい?

A:テニスボールの弾力性がベスト

テニスボールの弾力性とフェルトのやわらかさが、筋肉にほどよい刺激を与えるのにぴったり。かたいものは筋膜が緊張してしまうのでNG。

Q:痛みはどのくらい我慢すべき?

A:「痛気持ちいい」ぐらいが目安

痛みを我慢しすぎると、筋膜が反発してほぐれません。「痛気持ちいい」を目安に、強さを調整して。続けると筋膜がほぐれ、痛くなくなってきます。

Q:毎日たくさんやれば効果が出ますか?

A:30秒以上圧をかけないよう注意

気持ちいいと感じるなら、1日のうちに何度やってもOK。体の可動域もアップします。ただ、同じポイントに1回に30秒以上圧をかけないで。

※妊娠中やその可能性がある方、持病のある方は事前に医師と相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐ中断してください。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【KAORUさん】

パーソナルトレーナー。女優やモデルなど“美のプロ”から支持を集めるカリスマトレーナー。著書に『テニスボールダイエット』(幻冬舎刊)がある。YouTube『アプロアカデミー』で動画も公開中。

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】