1. トップ
  2. ダイエット・健康

ふくらはぎにテニスボールをはさむだけ。血流がアップしてやせやすく

ESSE編集部
2021.03.30

ダイエットが気になる季節。でもキツい運動は続けられる気がしない…。でも、「テニスボールダイエット」なら、おうちにいながらそんな悩みを解決できます。
女優やモデルから支持を集めるカリスマトレーナーのKAORUさんから、手軽に始められるテニスボールダイエットについて教えてもらいました。

ボールを膝に入れて座る横
テニスボールをふくらはぎにはさむだけ。痛いのでできるろころまででOK

テニスボールを使うだけ!話題のダイエットでウエストダウン

「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎをテニスボールを使ってゆるめ、血流アップ! かなり痛いので、しっかり座れなくても、できるところまででOKです。

(1) ボールをひざ裏に置いて腰を下ろす

膝にボールを入れるひざ立ちになり、ひざから下は左右を平行に伸ばす。ひざ裏にテニスボールを置き、そのまま正座するように腰を下ろし、10秒間ボールで刺激する。

<POINT>はさむときは片手をつくとやりやすい

・手はラクな位置に。痛い人は床について体重を加減して
・姿勢はまっすぐ
・正座はできるところまででOK

<NG>アキレス腱の上は危険なので避けて!

両足先はまっすぐ後ろに伸ばすと、骨盤のゆがみが矯正されてまっすぐな美脚に。左右の足先を近づけたり、重ねたりするのはNG。

【正しい座り方】

正座後ろから

【誤った座り方】

正座後ろ脚を重ねる
×
正座後ろ脚をくっつける
×

こちらもNG!

(2) 足首側にボールを1個分ずらして、腰を下ろす

ふくらはぎの上にボール
10秒

足首側にボールを1個分ずらして置き、腰を下ろして、10秒間刺激する。

(3) さらにボールを1個分ずらして、腰を下ろす

アキレス腱より少し上にボール
10秒

さらにボールを1個分ずらして置き、腰を下ろし、10秒刺激する。アキレス腱の手前まで繰り返す。(1)~(3)を反対側も同様に行う。

テニスボールでくびれストレッチ

ふくらはぎリリースで整い始めた骨格を正しい位置で形状記憶。ウエストを伸ばすことで、骨盤が整い、くびれができます。

(1) 足を肩幅に開いて立つ

横向き女性両足を肩幅に広げ、つま先を外側に向けて立つ。骨盤を起こし、かかとの上にお尻をのせるイメージで、横から見たときにまっすぐになるように。

(2) 両手を上げ、頭の後ろでひじをつかむ

両手を挙げひじをつかむ正面両手を上げ、頭の後ろで左右のひじの下をつかんで腕を組み、上にしっかり伸ばす。

両手を挙げひじをつかむ後ろから背面から見るとこうです。

(3) 息を吐きながら上半身を倒し、呼吸おいてから体を戻す

上半身を倒す
左右3回ずつ

息を吐きながら首を片側に倒し、さらに上半身を倒す。肋骨から倒れるイメージで、ウエストから上だけを倒す。3呼吸したら、息を吸いながら体を戻す。これを3回繰り返したら、腕を組み替えて反対側も同様に行う。

<POINT>ひじに引っぱられてへそが縦に伸びるイメージで

・ウエストから上だけを倒す
・骨盤はまっすぐ
・両足で床を踏む

※妊娠中やその可能性がある方、持病のある方は事前に医師と相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐ中断してください。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【KAORUさん】

パーソナルトレーナー。女優やモデルなど“美のプロ”から支持を集めるカリスマトレーナー。著書に『テニスボールダイエット』(幻冬舎刊)がある。YouTube『アプロアカデミー』で動画も公開中。

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】