1. トップ
  2. ダイエット・健康

食事制限なしでウエストひきしめ効果も!テニスボールで足裏ほぐし

ESSE編集部
2021.03.29

あたたかくなる季節、だんだん薄着になることから気になるダイエット…。でも、まだ外には積極的に出られない。「テニスボールダイエット」なら、おうちにいながらそんな悩みを解決できます。
女優やモデルから支持を集めるカリスマトレーナーのKAORUさんから、テニスボールダイエットについて教えてもらいました。

イラスト漫画
テニスボールを転がすだけ! 始めたその日から効果を実感も

ウエストがひきしまる!話題のテニスボールダイエット

テニスボールを体に当てたり、はさんだりしてコロコロ転がすだけで固まった筋肉がゆるみ、理想のボディラインに! 始めたその日から、効果を実感できます。

●テニスボールダイエットって?

テニスボールダイエットは、ボールを使って筋膜をゆるめて伸ばす、シンプルなエクササイズ。
「筋膜とは、筋肉を包む膜のこと。筋膜がこわばると筋肉がかたく、動きにくくなります。テニスボールで筋膜を刺激してゆるめれば、筋肉が動きやすくなって、骨格が本来の位置に。余計な脂肪がつきにくくなり、ボディラインが整います」と、KAORUさん。

骨格が整うと、血流やリンパの流れも改善。代謝が上がって太りにくくなるなどのメリットが。
「大切なのは、体重よりも、美しいシルエット。私自身も、毎日続け、効果を実感しています」

●テニスボールダイエットのココがすごい!

・たった1回でウエストがサイズダウン

1回だけでボディラインが整い、ウエストなどのサイズがダウン。時間がたつと元に戻りますが、毎日続ければみるみる美ボディに。

・体のゆがみやコリを解消

筋肉が動きやすくなることで姿勢が矯正されてゆがみが解消。筋肉のコリがほぐれ、全身の血流やリンパの流れがよくなります。

・食事制限なし!

これまでどおりの食生活でも、骨格が整うことで姿勢が矯正され、ウエストにくびれが生まれるなど、美しいシルエットに。

足裏をテニスボールでほぐすだけ!テニスボールダイエットの実践

足裏のアーチを回復させ、ふくらはぎをゆるめることで、骨盤を矯正。内臓が正しい位置に収まり、ウエストが引き締まります!

●テニスボールをつかって足裏リリース

かたくなった足底の筋膜をゆるめ、足裏のアーチが復活! これだけでも毎日続けて。ふらつくときは、イスにつかまって行いましょう。

(1) かかとをつけてボールを踏み、足の指でグー、パーを繰り返す

両足を並行にそろえて立ち、手は後ろで組む。片足をテニスボールにのせ、かかとをつける。

テニスボールの上でグー
グー

その状態で足の指をグーに握り、パーに広げる。

テニスボールの上でパー
パー

これを10回繰り返す。(10回繰り返す)

(2) 足裏の各指の先からかかとまでボールを転がす

指先でボールをつかむ反対の足は一歩後ろに引く。

かかとでボールを踏む親指の先からかかとまで、指の骨に沿うようにボールを転がして往復させる。ボールがかかとにきたときは、足指を伸ばして床につける。これを、人さし指、中指、薬指、小指、すべて同様に、各指10往復行う。(各指10往復)

<POINT>ボールをなるべくまっすぐ転がす

体重を前に・ボールに垂直に体重をかける
・ボールを踏んでいる脚のひざは曲げてOK
・指はまっすぐ正面に
・反対の脚は1歩分後ろに

(3) 足首を振ってほぐす

足の下にボール足首を5秒間振ってほぐす。(1)~(3)を反対の足も同様に行う。(5秒振る)

※妊娠中やその可能性がある方、持病のある方は事前に医師と相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐ中断してください。

◆テニスボールダイエットの記事はこちらもチェック◆

・KAORU式「テニスボールダイエット」。1回でも小顔&二の腕すっきり

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【KAORUさん】

パーソナルトレーナー。女優やモデルなど“美のプロ”から支持を集めるカリスマトレーナー。著書にテニスボールダイエット』(幻冬舎刊)がある。YouTube『アプロアカデミー』で動画も公開中。

  • この記事を
    シェア