1. トップ
  2. ダイエット・健康

腎臓病の予防に運動を。足の筋肉量を知るための簡単な方法

ESSEonline編集部
2021.01.23
  • この記事を
    シェア

“沈黙の臓器”と呼ばれる腎臓。慢性腎臓病の患者はなんと成人の8人に1人。糖尿病の患者数よりも多く、1330万人いるとも言われています。

健康診断の結果では、血圧や血糖値、中性脂肪だけではなく、腎臓の機能が正常かどうかを示すクレアチニン値やタンパク尿をチェックしましょう。eGFR(推算糸球体濾過量)として記載されていることもあります。これらの数値が悪いと指摘されても、とくに気になる自覚症状がないからと、再検査を受けない人が多くいます。しかし、これが運命の大きな分かれ道なのです。

腎臓のイラスト
腎機能、なぜ大切?

腎機能は一度悪くなると元に戻らない。運動で腎機能を守る

腎機能がなぜ大切なのかを、透析専門医の大山恵子先生に教えてもらいました。

●腎機能は一度悪くなると元に戻らない!

腎臓は肝臓とともに“沈黙の臓器”と呼ばれ、腎機能が悪化するまで自覚症状がほとんど現れず、気づいたときには手遅れ…なんてこともしばしば。腎機能が低下し、慢性腎臓病(CKD)と診断されるといずれ「人工透析」か「腎移植」をせざるを得なくなります。しかも、腎機能は低下するとその機能を回復させることは難しく、一度悪くなると元に戻らないのです。つまり、できるだけ腎臓が元気なうちに、腎機能を維持する努力を始める必要があるのです。

腎機能は加齢とともに少しずつ低下するものですが、糖尿病や高血圧、脂質異常症高尿酸血症、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病や、運動不足、喫煙、ストレス、飲酒などは腎機能を低下加速させます。30代、40代で糖尿病や高血圧、血尿などを指摘された経験がある人は、50代で人工透析に至るケースも少なくありません。

●腎臓病のタイプは2つ

「無症状タイプ」と「急性症状タイプ」腎臓病はこれといった自覚症状が現れない「無症状タイプ」と、むくみや尿の異常、高血圧などの「急性症状タイプ」があります。腎機能が低下すると体内の水分量の調整がうまくいかなくなるので、尿量が増えます。しかし、腎臓への血流が悪くなると反対に尿量が減ります。そのため、腎機能の低下に気づいたときにはすでにかなり進行している場合もあるのです。

●GFRが44以下だと要注意

CKD説明イラスト慢性腎臓病(CKD)は血中のクレアチニン値から算出されるGFR(糸球体濾過量)と、腎機能の低下を示すタンパク尿が一定以上みられるかによって、診断されます。健康診断の結果からクレアチニン値がわかる人は調べてみましょう。

日本腎臓病協会の公式サイトで、チェックすることができます。

慢性腎臓病の重症度分類表
慢性腎臓病の重症度分類

このGFRの数値によって慢性腎臓病はステージG1~G5まで6段階あります。とくにGFRが44以下の場合は慢性腎不全や心血管疾患のリスクが格段に上がるので、腎機能の低下の進行を食い止めるにはこの段階までに対策を始める必要があります。

1 2

腎機能を運動で守る

安静第一は間違いだった!! 透析患者さんも安心の、自宅でできる運動プログラム

購入

【この記事も読まれています】