1. トップ
  2. ダイエット・健康

54歳、更年期障害のホルモン療法で感じたこと。「老化」を受け入れたら自由に

日比響子
2020.12.20

閉経をはさんだおよそ10年間は更年期と呼ばれ、すべての女性に訪れます。
心身に起こる変化は人によってさまざま。元編集者・ライターで、現在はボディセラピストとして活躍する日比響子さんも54歳で更年期の不調を感じるように。

ここでは、更年期外来を受診しスタートしたホルモン補充治療や、体に起きた変化や、更年期とのつき合い方について語っていただきました。

伸びをする女性
更年期はシフトチェンジをするいい機会(※写真はイメージです)

更年期外来を受診し、HRTがスタート。体に予想外の変化が…

今年のゴールデンウィーク頃に手足のこわばりなど体に不調を感じ、整形外科を受診したあとに、6月頭に婦人科の更年期外来を受診。その結果、更年期特有の症状が出てるということで、処方してもらったパッチタイプの薬でHRT(ホルモン補充療法)を始めました。

パッチ剤
私の更年期治療で処方されたパッチ剤

パッチは丸い透明なシール状のものが個包装になっていて、下腹に貼ります。

パッチ剤をはった様子写真では白っぽく見えますが、実際はほぼ透明で目立ちません。入浴中もそのままで3日に1回の交換。人により赤みやかゆみが出る場合もあるそうですが(その場合は飲み薬や肌に塗るジェルに変更可能)、私はまったく問題がなく、3日に一度というのが楽でいいなと思いました。

※パッチ剤の貼り替え頻度は、3日に1回~週2回など、治療状況によって異なります。

●翌日からおっぱいが張ってきた!

体感の変化としてまずあったのが、初めて貼った翌日からの「おっぱいの張り」。大きな声では言いにくいですが、とくに乳首が…なんと言うか、思春期の頃の胸の成長に伴う張りや痛みに通ずるようなあの感じ。(おおー、ホルモンが巡ってるのか!?)と、ちょっとときめいてしまいました(笑)。

あと、肌の乾燥感が少しやわらいだ感覚も。乾いた土が水を吸い込むように、細胞がうるおった感じがして、そこまでカラカラだったのかと驚いたりしました。肝心の、朝の手足の関節のこわばりや痛みについては、まだあまり変化は感じられず。

そんな1週間を経て、初診で受けた血液検査の結果を聞きに再び病院へ。ホルモンの数値はがくんと落ちていて、更年期ど真ん中。いろいろ不具合起きていて不思議ないと言われました。HRTの効果の良し悪しはまだ判断できないので、このまま3か月続けることに。追加のパッチを処方してもらい、この日の受診を終えました。

●生理復活!?かと思うほどの出血が

病院に行って3日後、出血がありました。しかも「あれ、生理復活!?」というくらいのしっかりした出血量。でも、治療を始めたころに出血が起こることもあると、体験者である友人に聞いたり、病院でもらったパンフレットに書いてあったので、あぁこれかという納得感もありました。

HRTを続ける場合の注意ところが、5日後に出血が止まって10日経ち、7月に入るところでまた出血。また5日続いて止まり、2週間たったところでまたもや出血。5日続いて止まり、4日後にまたまた出血…。なんと7月は3回も生理のような連続出血があったのです。

パンフレットにあるように、確かに「不規則な出血」ではあるけれども、ちょっと多すぎでは? もともと貧血気味の私は心配になりました。さすがに8月もこうだったら先生に相談しよう。そう思っていたら、前半に出血あったものの、量がぐっと減少。後半もありましたが出血は2日程度で終わり、そうこうしてるうちに再診の日が近づいたので病院へ。

※ホルモン補充治療による効果や副作用、体調の変化には個人差があります。

1 2
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】