1. トップ
  2. ダイエット・健康

座りっぱなしでつぶれたお尻が復活。簡単エクササイズ3つ

2020.09.28
  • この記事を
    シェア

家でイスに座って過ごす時間が長くなると、体が凝るだけでなく、お尻が垂れて形が崩れ、四角くなってしまうことも。

「座っているときというのは、お尻の筋肉がしっかりと休憩しています。とくにドサッとイスにもたれるような座り方をしている人は、お尻をつぶしてしまってもいるので形は崩れる一方です」と話すのは、ヨガインストラクターの高木沙織さん。

座りっぱなしでつぶれたお尻を改善!簡単エクササイズ

四角くなったお尻をプリッとよみがえらせるエクササイズを3つ紹介してもらいました。

●エクササイズその1

まずは四つ這いのエクササイズを続けて2つ。
お尻の下の方の筋肉が使われていることを意識しながら行います。

(1) 四つ這いになる

四つん這いになる女性
四角くなったお尻をプリッとよみがえらせるエクササイズ

手は肩幅、足は腰幅に開き、肩の下に手首、股関節の下にひざをつき、腰が反らないようにヘソを引き上げます。

(2) 右手を前方に伸ばし、左足のひざを伸ばして持ち上げる~10秒キープ

右手を前方に伸ばし、左足のひざを伸ばして持ち上げる右腕は肩の高さ、左足はお尻の高さをキープします。
ヘソの下あたりに軽く力を入れるとグラグラしにくくなりますよ。

●エクササイズその2

右手を床についたら次のエクササイズです。
今度はお尻の上の方の筋肉を使っていきます。

左足のひざを軽く曲げ高く持ち上げるお尻の高さに持ち上げていた左足のひざを軽く曲げ、足をさらに高く持ち上げ、10秒キープします。

お尻の上のほうの筋肉を意識しながらアップダウンもう少しがんばれそうな人は、足先を持ち上げるようにして小刻みにアップ~ダウンを10回!

四つ這いに戻り、エクササイズその1、その2のそれぞれ反対側を同様に行います。

●エクササイズその3

最後はうつ伏せのエクササイズ。
お尻の上の方にしっかりと効いてくるだけではなく、ヒップ全体のエクササイズになります。

(1) うつ伏せになり、手は胸の横に

うつ伏せになり、手は胸の横に(2) 足先を持ち上げてひざを左右に大きく開き、足の裏同士をつける

足先を持ち上げてひざを左右に大きく開き、足の裏同士をつける(3) 足先を上に持ち上げるように、小刻みなアップダウンを10回繰り返す

小刻みなアップダウンを10回繰り返す前もも~ひざを床から数cm浮かせるようにして行う。足の裏は離さない。

お尻がプリッと持ち上がっていると、それだけで魅力的に見えることに加えて、太ももとの境目がくっきりして脚長効果も期待できるでしょう。
自宅でのちょっとした時間を使ってお尻を持ち上げてしまいませんか?

※エクササイズのキープ時間や回数は身体の状態に合わせて増やしていくとよいでしょう。ただし、体に痛みや違和感がある人は無理に行わないこと。

●教えてくれた人
【高木沙織さん】

ヨガインストラクター・ライター。ボディメイクからリラックスまで幅広く体の悩みに対応。スーパーフードエキスパートの資格をもち、運動・食の面から多角的に美容と健康をサポートする。公式ブログは「Saori Takagi」

このライターの記事一覧