1. トップ
  2. ダイエット・健康

固まった背中をほぐして、やせやすい体に。超ラジオ体操

ESSE編集部
2020.10.09
  • この記事を
    シェア

家事やスマホなど前かがみの姿勢が多いと、体の痛みやこわばりからくる不調を抱えている人が少なくありません。そんな不調には、関節や筋肉を大きく動かすことが大切。

NHKの『みんなで筋肉体操』などで知られる、近畿大学生物理工学部准教授・谷本道哉さんが考案した、ラジオ体操の効果をさらにアップした「超ラジオ体操」を教えてもらいました。

ガッツポーズ
超ラジオ体操

<超ラジオ体操>カチコチ背中をほぐす。もっと体を前後に曲げる運動

両手をつないで体を前に倒したり、伸びながら腰を反らせたりするのがポイント。肩甲骨の動きと連動させながら、かたくこわばった背筋をほぐします。

(1) 首を前に曲げる

首を前にまげる
い~ち

(2) 両手をつなぎ、背中を丸めながら体幹を前に曲げる

背中を丸めながら体幹を前に曲げる
に~

(3) つないだ手が下に引っ張られるようなイメージで、脚のつけ根から体全体を前に倒す

手が下に引っ張られるように体を前に倒す
さ~ん

(4) 元の姿勢に戻る

元の姿勢にもどる
し~

(5) 首を反らして、上を向く

首を反らして上を向く
ご~

(6) 両手をつないで伸びをしながら、背中を大きく反らせる

両手をつないでカラダを伸ばす
ろ~く
ぐい~ん

(7) ひざはあまり曲げないように、脚のつけ根から全身を反らす

全身を反らす
し~ち

(8) 「あ~」と言いながら、元の姿勢に戻る

立った姿勢
は~ち

これを2回行います。

<超ラジオ体操>脇腹全体にアプローチ体を横に曲げる運動

普段動かすことの少ない横向きの動きにアプローチ。首→体幹→股関節の順に3段階で体を丁寧に動かして、全身を大きく横に倒しましょう。

(1) 首を左に曲げる

正面首をまげる
い~ち

(2) わき腹に左手を当て、右腕を振り上げながら体幹を左に曲げる

脇腹に手を当てて右腕をあげる
に~

(3) 脚のつけ根から体全体を大きく左に倒す

脚の付け根から体全体を倒す
さ~ん

(4) 元の姿勢に戻る

元の姿勢
し~

(5) 首を右に曲げる

右に首を傾ける
ご~

(6) 脇腹に右手を当て、左腕を振り上げながら体幹を右に曲げる

脇腹に手を当て、反対の手を挙げる
ろ~く

(7) 脚のつけ根から体全体を右に倒す

脚の付け根から体全体を反対側に傾ける
し~ち

(8) 元の姿勢に戻る

元の姿勢
は~ち

これを2回行います。

超ラジオ体操では、毎日の生活で固まりやすい背骨や肩甲骨、股関節を重点的に動かします。
そのためこりなどが改善。動きやすく軽やかに。
関節や筋肉の動きが悪いと血液やリンパの流れが悪くなり、だる重な体に。体を大きく動かすと血流がよくなり、だるさがとれていきます。
こりがなく快適な体ほど、体を動かすのがラクになり、活動量も増えます。すると一日の消費エネルギーが上がるので、やせやすく!

*妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は事前に医師と相談してください。痛みを感じる場合は、痛みのない範囲で行いましょう。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

【監修/谷本道哉さん】

近畿大学生物理工学部准教授。専門は筋生理学、身体運動科学。NHK「みんなで筋肉体操」「あさイチ」、テレビ朝日「モーニングショー」、フジテレビ「ホンマでっか!? TV」などでも運動の効果をわかりやすく解説している。最新刊は「毎日4分で超快適! 超ラジオ体操」(扶桑社刊)

毎日4分で超快適! 超ラジオ体操

国民的に支持されているラジオ体操に工夫を加えて、さらに効果をアップ。今日から始めれば、超快適な体に!

購入