1. トップ
  2. ダイエット・健康

読者が本当にやせた、ちょこっと運動習慣。自粛太りが解消!

ESSE編集部
2020.09.15
  • この記事を
    シェア

暑さ対策、感染症対策のため、今年の夏は在宅時間が大幅増加。その影響でかつてないほど体重が増加した! という悲鳴も聞こえてきます。

そこでESSE読者へアンケートを実施し、みんながカラダのためにやっている運動習慣を大調査。「体が元気になった」「簡単にやせた!」など実体験に基づくおすすめ運動を教えてもらいました。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

おうちで手軽に!ちょこっと運動でやせる&元気になる

挫折せず、長く続けるための工夫がいっぱい! 運動が苦手な人も、これで理想のボディをゲットできます。

●料理中の隙間時間にプチエクササイズ

イラストポットの前でスクワットをする女性料理中、レンチンや湯を沸かすほんの数分の間に、腰をひねったりスクワットをしています。これだけでもおなかが引っ込んで姿勢もよくなり、20代の出産前よりスタイル美人に♪(東京都・ヨーコさん)

●筋膜リリースローラーで背や腰をしっかり伸ばす

筋膜リリースローラーをする様子就寝前、腰や背中に当てた状態で体を預け、コロコロと転がすように動かします。ひざを立て、体幹を意識しながら行うと姿勢もシャキッ。数分行うと背中や腰が伸び、体が心地よくほぐれて快適~。寝つきもかなりよくなりました。(青森県・はなさん)

●リングフィットアドベンチャーで家族で楽しく運動

リングフィットアドベンチャーをする女性NintendoSwitchのコントローラーを装着し、ゲームを楽しみながら全身を動かします。週3回、30分ほどプレイしたら2か月で3.5kgも減ってウエスト回りもスッキリ。極上の爽快感で気持ちも上向きに! なにより体力がついたのがうれしいです。(東京都・もちもちさん)

●オンラインで好きな時間にスマホでヨガ

オンラインヨガをする女性だらだら防止のためレッスンをスタート。周囲の目も気にならず、普段着で、好きな時間帯にできるので続けやすいんです。生活にメリハリがつき、運動する習慣もつきました。入会中の「ソエル」アプリは、月2回、約30分間のレッスン+動画配信で月会費980円。(東京都・sakuraさん)

●YouTubeを観ながらダンス!

イラストオンラインストレッチをする女性子どもが寝た22時前後に、YouTubeのエクササイズ動画を観ながら約30分間踊りまくっています。画面に励ましのテロップも入るので、仲間とやっている感覚でがんばれますよ!(沖縄県・さっちーさん)

●カラオケアプリで熱唱!してカロリー消費

イラストお風呂で歌う女性自粛期間中、カラオケアプリ「Pokekara」が最高のお供に。お風呂で熱唱したり、家族対抗カラオケ大会を開催。表情筋も鍛えられてお顔がシュッと! ストレスも吹き飛びました。(埼玉県・Oさん)

●テレビ体操を録画して一日のうちどこかでやる

毎朝Eテレで放送中の『テレビ体操』は、意外にもヘビー。最初は汗だくでしたが、今は10分間気持ちよく体が伸ばせて肩こりも解消。疲れが翌日に残らなくなりました。(神奈川県・Kさん)

●ベンチとダンベルを購入して自宅で週3筋トレ中

ストレッチ器具ジムが休業したため自宅に器具を導入。ベンチに寝てダンベルを持ち上げ、腕と胸を鍛えるエクササイズ2種と、ダンベルを持ったままスクワットを行います。体力アップに効果的。(福岡県・あーちゃんさん)

ダンベル「ダンベルは重さを調節できるタイプで、最大20kgまで増やせます」

●テレビのCM中は腕立て伏せ&腹筋

子どもをのせて腕立てをする女性外出自粛中、だらけまくりの自分に喝を入れるべく、CMタイムに筋トレを開始。腕立て伏せは子どもを重しに(笑)。二の腕やウエストがきつかった服も、着られるようになりました。(神奈川県・Iさん)

●スポーツブランドの縄跳びで毎日30回飛ぶのを日課に

縄跳びをする女性
省スペース&低コストで最高!

某国立小学校では二重跳びを推奨していると聞き、子どもと一緒にチャレンジ。体が軽く、代謝がよくなったせいか、目の下のクマが減ってうれしい驚き! 脳の活性化にもいいそうです。縄跳びは、軽くて持ちやすいアシックス製がおすすめ。子どもは「瞬足」シリーズを愛用。(神奈川県・Nさん)

●2分ストレッチとスクワットで太ももが引き締まった!

イスに座ってストレッチ森拓郎さんの2分でできるストレッチをテレビタイムの日課にしています。お風呂上がりは20回のワイドスクワットを。(大阪府・yukoさん)

ワイドスクワット太もものたるみが消え、左右のでっぱりも減りました。

<2分ストレッチのやり方>

(1) イスに座って左足首を右ひざの上にのせる

(2) 左のひざの上に体重がかかるよう、体を前傾させ、両腕をのせる。呼吸を止めないよう注意しながら60秒間キープ

(3) 反対の脚も同様に行う

<イラスト/コグレチエコ 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【森拓郎さん】

きつくないのに効果大なストレッチを提案する人気ボディワーカー。著書に『やせウォーク4週間プログラム』(扶桑社刊)

いつものウォーキングが最強のボディメイクに変わる! やせウォーク 4週間プログラム

太もも、ふくらはぎ、おなか周り、お尻がスリムアップ! 1日10分! 自宅でできる簡単トレーニング。

購入