1. トップ
  2. ダイエット・健康

「超ラジオ体操」で股関節ぐるん。この夏休み、すたすた歩ける体に

ESSE編集部
2020.08.10
  • この記事を
    シェア

本格的な夏が始まりました。気温が高くなる夏は、体がだるい、やる気が出ない…など疲れがたまりがち。
そこでそんな夏の疲れにも効果がある簡単な「超ラジオ体操」を、筋肉体操でおなじみの谷本道哉先生に教えてもらいました。

簡単!家ですぐできる「超ラジオ体操」

谷本道哉先生
夏休みは「超ラジオ体操」で動ける元気な体に

だれもが一度はやったことのあるラジオ体操。”超”がつくとなにが変わるのでしょうか。

「毎日の生活で固まりやすい背骨や肩甲骨、股関節を重点的に動かします。そうすることでこりが改善、さらに血液やリンパの流れもよくなるので、だるさも取れるんです」と谷本先生。

「ポイントは定番のラジオ体操より、動きが単純です。だからこそゆっくり丁寧に数を数えながら行うこと。こわばった関節や筋肉が効率よく動かせるようになりますよ」

今回は谷本先生が考案した13ある超ラジオ体操の動きの中から、ひとつ抜粋して紹介します!

●脚が軽くなる「脚をつけ根から大きく振る運動」

通常のラジオ体操第一にはない「股関節回り」を大きく動かす運動。股関節の動きをよくしながら、バランス感覚のトレーニングにも最適! 大股ですたすた歩けるようになりますよ。

両手を広げてバランスを取る(1)まずは両手を広げてバランスを取ります。

次に片方の脚を前に大きく振る(2)次に片方の脚を前に大きく振ります。

振り上げた脚を後ろにもしっかり振る(3)振り上げた脚を後ろにもしっかり振ります。これを片足4往復。さらにもう片方の脚も4往復します。

●ポイント:慣れるまでは手を壁につけて

片手を机や壁などについて行いましょう片足でバランスをとるのは思ったより大変です。慣れるまでは片手を机や壁などについて行いましょう。体を支えることで、ぐらついたりせずに脚を大きく振ることができますよ。

ESSE9月号では「脚をつけ根から大きく振る運動」のほかにも、体全体をほぐす運動やカチコチ背中をほぐす運動など、夏におすすめの超ラジオ体操を紹介しています。ぜひチェックして元気いっぱいの夏休みを過ごしてくださいね!

●教えてくれた人
【谷本道哉さん】

近畿大学生物理工学部准教授。筋肉や体の使い方のわかりやすい解説で、メディアにひっぱりだこ。著書は『毎日4分で超快適! 超ラジオ体操」(扶桑社刊)など多数

<写真/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

ESSE9月号

ESSE9月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/上野樹里さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入
毎日4分で超快適!超ラジオ体操

毎日4分で超快適! 超ラジオ体操

国民的に支持されているラジオ体操に工夫を加えて、さらに効果をアップ。今日から始めれば、超快適な体に!

購入