1. トップ
  2. ダイエット・健康

更年期症状が40代から起こる仕組みって?上手なつき合い方

2020.07.01
  • この記事を
    シェア

「更年期」は女性の人生の中で、最も体からの主張が激しい時期です。生理不順、ホットフラッシュ(ほてり・突然の発汗)、イライラ、頭痛、動悸、関節痛、胃腸症状などさまざまな症状で体内の変化を伝えてくるわけですが、女性にとっては、いつ終わるとも知れない不快な症状に悩まされる辛い時期になります。
その理由や対処法について、杉山産婦人科理事長・杉山力一先生に教えていただきました。

畳まれた服の上で悩む女性
更年期の症状は必ず終わります

更年期に女性の体の中で起こっていること。うまくつき合う方法は?

更年期は、閉経の前後5年を合わせた40代半ば~50代半ばの10年間のことを指します。この期間に起こる症状を「更年期症状」といい、さらに更年期症状によって日常生活に影響が出る状態を「更年期障害」と呼びます。この更年期に大きく関係する臓器が、卵巣です。
卵巣は、生理や妊娠・出産、女性としての「性」に大きく関わります。そして、年齢とともに卵巣の活動性がだんだん低下していくと、更年期が訪れることになります。

●更年期障害はなぜ起きる?

卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が大きく揺らぎながら低下します。このエストロゲンの変化が、更年期症状や更年期障害を引き起こす主な原因です。
女性の体は、エストロゲンによる影響を大きく受けています。生理周期や妊娠・出産だけでなく、脂質の代謝や骨量の維持、脳の機能、肌のハリやうるおいにも関係しており、エストロゲンは女性の体を支える太い柱と言えるでしょう。

更年期にはその柱が揺らぎながらどんどん細くなるため、体のバランスが崩れ、さまざまな症状が表れるようになります。
さらに更年期を迎える40~50代は、加齢に伴う体の変化や、家庭や仕事のストレスを受けやすい時期でもあるため、よりバランスが崩れやすく、更年期障害に苦しむ方も少なくありません。
しかし、この更年期は女性にとって大切な時期であり、人生を見つめ直す、重要なターニングポイントになります。

●更年期は、新たなスタートをきる時期

日本の女性の平均寿命は、87.32歳です(平成30年簡易生命表より)。閉経を迎えるのが約50歳なので、そこから約30~40年は人生が続くことになります。
この閉経を迎えると、エストロゲンという太い柱がなくなった影響で、骨粗鬆症や動脈硬化などのリスクが高くなります。つまり、今まで当たり前だった「健康な体」を、今までの生き方では維持できなくなる恐れがあるのです。

更年期は、その警鐘を鳴らしてくれる期間と言えます。今までの生き方、働き方、家族の関わり方で今後生きていけるのか、このままでいいのか、それを体が尋ねているのだと捉えてみましょう。

更年期から数えれば、あと40~50年という長い人生が続く可能性が高いわけです。その期間を悔いなく自分らしく過ごすにはどうすればいいか、立ち止まって考えてみてください。新しいスタートをきるために、更年期という時期があるのかもしれません。

●更年期とうまくつき合うには

悩む女性更年期症状や更年期障害は、症状が多彩で程度も人それぞれです。生理不順、ホットフラッシュ(ほてり・突然の発汗)、イライラ、頭痛、動悸、関節痛、胃腸症状など、症状の出る場所が全身に及ぶため、何科にかかっていいかわからず、いろいろな病院を渡り歩くというケースも珍しくありません。

更年期障害は、婦人科での治療を行うことで症状の緩和や改善が期待できます。もし、これらの症状に悩んでいたら、婦人科を受診してみましょう。

また、ストレスによって症状が強くなっている場合もあります。ストレス解消が更年期とうまくつき合うコツになりますので、意識的に自分の時間や楽しみを見つけるようにしてみましょう。マッサージの施術を受けたり、お風呂や温泉にゆっくり浸かったり、見たかったドラマや映画を観るのもいいですね。

●更年期の治療法とは?

頭をおさえる女性更年期障害は保険で治療することができます。効果には個人差がありますが、治療法はいくつかありますので、医師に相談してみましょう。

・ホルモン補充療法
エストロゲンを飲み薬やはり薬、塗り薬などで補充する治療法です。更年期障害を改善する効果に加えて、骨粗鬆症や動脈硬化の予防効果も認められています。

・漢方療法
漢方を使って、症状を緩和・改善する治療法です。複数の生薬が含まれるので、多くの症状に効果が出ます。

・向精神薬
イライラや気分の落ち込み、情緒不安定、不眠などの精神的な症状が辛い場合に処方されます。

・注目される成分「エクオール」
近年注目されているのが「エクオール」という成分です。大豆イソフラボンが腸内細菌で代謝されてつくられる成分で、形がエストロゲンと似ており、更年期症状の改善効果も報告されています。
日本人の約半分は体内でエクオールが生産できないのですが、健康補助食品で摂取することができます。薬局や通販などで販売されていますので、試してみるのもいいですね。

●更年期は人生の折り返し。閉経は不調からの解放にも

更年期には必ず終わりが来ます。そしてその終わりが来れば、女性としての不調から解放されることを意味します。
毎月の生理や、それに伴うPMSや生理痛などの諸症状、妊娠の可能性などを気にする必要がなくなります。
人生の後半戦を明るく有意義に過ごせるよう、体からの主張と向き合い、更年期を乗り越えましょう。

●教えてくれた人
【杉山力一先生】

杉山産婦人科理事長。日本における生み分け法の権威である杉山四郎医師の孫。東京医科大学産科婦人科医局では不妊治療・体外受精を専門に研究。その後、1999年より杉山産婦人科勤務。監修する女性向けアプリ「eggs LAB(エッグスラブ)」では、高い精度での生理日・排卵日予測を実現。不安定な生理周期にも対応した適切なアドバイスや、妊活に関する情報まで、個々の身体の状態にフィットした情報を発信中。

このライターの記事一覧