1. トップ
  2. ダイエット・健康

炭水化物が多いサツマイモ。ダイエットに適すor適さない?

2016.09.10

 秋の味覚といえば、サツマイモ。ほくほくしておいしいですよね。そんなサツマイモは、炭水化物が豊富。炭水化物といえば、糖質が多いため、ダイエット中にはちょっと…と思いきや、じつはダイエットにも向いているとか。朝サツマイモダイエットの提唱者で知られる美容家の鈴木絢子さんに、サツマイモは炭水化物が多いのになぜやせられるのかを聞きました。

さつまいも

炭水化物をひかえすぎるとじつは危険!

「女性がダイエットを決行するうえで、必ずといっていいほど検討するのが“炭水化物抜きダイエット”です。ダイエットというと、炭水化物はNG食材とされることが多いからではないでしょうか。それが理由で、炭水化物が多く含まれるサツマイモも、“太るもの”というイメージをもたれていることが多いように思います。しかし、炭水化物や糖質抜きダイエットは、とても危険な方法なのです」

 危険とは、どういうことなのでしょうか?

「ダイエットのために炭水化物をひかえていると、体内で使うはずの糖質が運ばれず、代わりにアミノ酸を糖につくり替えてまかなおうとします。その際、自分の筋肉を分解してアミノ酸に替えていくようになります。つまり、筋肉量がどんどん落ちていき、ちょっとした運動でさえできないような状況になってしまうこともありうるのです」

スリム女性

炭水化物も適度に摂取。サツマイモなら大丈夫!

 とはいっても、炭水化物を食べ過ぎると、やはり太ってしまうのは事実。そこで鈴木さんがおすすめするのが、ダイエットのときも、炭水化物を抜かず、サツマイモを食べることなのだそう。

「サツマイモは炭水化物の要素を持ち合わせつつも、ビタミン、ミネラル、食物繊維など様々な栄養素を含んでいます。じつは、優れた準完全食品なんですよ。サツマイモのGI値は55と低いので、血糖値の上昇が比較的ゆるやか。『ダイエット中に炭水化物を摂るのが怖い」という方も、サツマイモならおすすめできます。さらに、美肌によいビタミンC、シミ予防が期待できるクロロゲン酸、アンチエイジング効果のあるポリフェノールなど、美容成分も。サツマイモは美容にもよく、おいしく、キレイにダイエットするのに適した食材なのです」

ダイエット女性

サツマイモにあるカロリーとのつき合い方

 サツマイモは意外にも、ダイエットに適した食材だったのですね!でも、ちょっと気になるのがカロリー。どれくらいあるのでしょうか?

「サツマイモのカロリーは、大きめ1本(300g)で、およそ370kcalです。確かにカロリーだけをみると、米飯よりは低いものの、低カロリーとはいえないかもしれません。しかし、カロリーさえ低ければ、ダイエットが成功するわけではありません。重要なのは、バランスよく栄養を摂取していること。それが結果的に、健康を損なわずにダイエットできる近道でもあるんですよ」

 サツマイモをダイエットに活用するときには、カロリーには注意しながら、サツマイモの栄養はもちろん、バランスよく食べて栄養に偏りが起きないようにすることがポイントになりそうです。

 ダイエットにも、美容にも使える優秀な食材、サツマイモ。ぜひこの秋、サツマイモをおいしくキレイのために味わってみては?

鈴木絢子
鈴木絢子さん

【美容家・鈴木絢子(すずきあやこ)さん】

株式会社ビューズ 代表取締役。その他、一般社団法人日本スーパーフード協会理事など様々な肩書を持つ。大学卒業後は大手美容外科、化粧品会社の広報を経て、広告代理店で薬事法・ライティング専門部署を設立。美容・健康食品関連のコンサルティングで携わった企業は500社を超す。現在は美容家として、執筆やメディア出演等で活動する傍ら、女性専門家所属数日本一を掲げる美容キャスティング会社(株)ビューズを設立。PR全般のほか、化粧品・食品の海外進出支援などを行っている。

◆鈴木絢子オフィシャルブログ
 http://ameblo.jp/ayako810/
◆さつまいも親善協会HP
 http://satsuma-imo.com/index.html

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】