1. トップ
  2. ダイエット・健康

ラクしてやせると小豆ダイエットが今話題に!おいしく食べる3つのアイデア

2016.09.04
  • この記事を
    シェア

 小豆といえば、おしるこや和菓子のイメージがありますが、じつは、ダイエットに効くというのをご存知ですか?とくに、小豆の煮汁だけをスープにして飲むダイエット法が、今話題になっています。また、小豆にはほかにも美容に嬉しい効果も!管理栄養士の方に、小豆の栄養と健康効果、おいしく食べる方法を聞きました。

小豆

美容効果も!小豆に含まれる栄養って?

 小豆にはどんな栄養があるのでしょうか?管理栄養士でフードコーディネーターでもある渥美真由美さんに聞きました。

「小豆の皮に含まれるポリフェノールのサポニンには、抗酸化作用や血行促進作用があるため、老化予防・冷え予防に役立ちます。小豆は基本的に、低脂肪で高たんぱくの食品として、ダイエットに向いた食材といえます。とくに小豆を煮るとポリフェノールや水溶性の食物繊維が煮汁に溶け出すため、煮汁も一緒にいただくといいでしょう。また、食物繊維は便秘解消にいいですし、ビタミンB1も豊富で、疲労回復にも役立ちます」。

ダイエット

和菓子だけじゃない!小豆をおいしく食べる方法3つ!

 女性に嬉しい栄養効果がたっぷりの小豆。小豆といえば、ぜんざいやおしるこ、餅や団子などにつけるあんなど、和菓子を思い出しますが、ほかにはどんな食べ方があるのでしょうか?

「小豆は、お菓子のほかにも、お赤飯に入れたり、パンに入れたり、かぼちゃと一緒に煮ていとこ煮にしたりと、さまざまな料理に使えます。煮汁も捨てずに料理に活用するといいですよ」。

 そこで渥美さんに、小豆を簡単に調理しておいしく食べられる、おすすめレシピ3つを聞きました。

小豆のハンバーグ●いつものハンバーグにプラス!「小豆のハンバーグ
ハンバーグのタネに、煮た小豆を加えて混ぜ、丸めて焼きます。とりつくねに入れるのもおすすめです。

●やさしい味わい!「小豆入りミルクスープ」
タマネギ、ニンジン、鶏ひき肉を、コンソメスープでやわらかくした具材に、牛乳と小豆を加え塩、コショウで味をととのえます。

●新感覚スイーツ!「小豆フルーツカクテル
小豆にバナナ、オレンジなど切って混ぜデザート風に食べます。スムージーにしてもいいですよ。

 小豆にはこんな変わった楽しみ方あったのですね。この小豆、ぜひ煮汁までしっかり使って調理し、美容効果も期待しながら、おいしくいただきましょう!

【監修/渥美 真由美(あつみ まゆみ)さん】
管理栄養士 フードコーディネーター 健康運動指導士
健康セミナー講師、TV、イベント出演、出版やレシピ提供等活動。
週末90分の作りおきで1週間分の献立(枻出版)」等出版多数。
公式HP:http://atsumin.com/
ブログ:[たべものでからだsmile^^] http://ameblo.jp/atsuminn/

週末90分の作りおきで1週間分の献立

週末のわずか90分で翌週の月曜日から金曜日の夕食用の料理を仕込みます。平日は、盛りつけたり、軽くアレンジするだけ。毎日の献立作りがラクになり、暮らしにゆとりが生まれるレシピブックです。