1. トップ
  2. ダイエット・健康

いつもより顔がテカってる!もしかして不健康の兆しかも!?

2016.08.29
  • この記事を
    シェア

 Tゾーンのテカりがとくに気になる夏…。皮脂が過剰に分泌される原因は、普段のスキンケアだけではないのだそう!しのぶ皮膚科院長の蘇原(そはら)しのぶ先生に、夏のテカりを防ぐ食事や生活習慣のポイントを聞きました。

いつもよりテカるときは不健康の証拠!?

いつもよりテカるのは不健康の証拠!?

 しのぶ先生によれば、いつもより皮脂が多く分泌され、肌がテカりぎみなときは、不健康の可能性が高いといいます。どうしてなのでしょうか?

「皮脂の量が多く、テカりが気になるときは、洗浄力の強い洗顔剤で皮脂を取りすぎているなどのスキンケアが原因のこともありますが、食生活や生活習慣も大きな原因として考えられます。たとえば、次のことは、皮脂を分泌しやすい行動です」

【食生活】

・肉や脂肪の多いもの、揚げ物などをたくさん食べている
・皮脂を分解するビタミンB2やB6が不足している
・栄養バランスの偏った食事を不規則に取っている

【生活習慣】

・昼夜逆転の生活・睡眠不足
・運動不足
・喫煙(シワ・肌の乾燥→皮脂の過剰分泌を促す)
・クーラーのきいた部屋に長時間いる

テカりにくい食生活と生活習慣は?

 思い当たる節がある人は、今すぐテカりにくい食生活と生活習慣に切り替えましょう。しのぶ先生によれば、次の食生活と生活習慣が、皮脂の過剰分泌を防ぐそうです。

●食生活

・脂肪の少ない食材を選ぶ
・脂っこい食べ物、揚げ物などは避ける。とくにお酒のおつまみには注意
・ビタミンB2とB6をとる
・栄養バランスの良い食事をきちんと3食とる

※ビタミンB2の多い食材…レバー・はつ・ウナギ・納豆・卵など
※ビタミンB6の多い食材…ニンニク・牛レバー・マグロ・カツオなど

●生活習慣

・睡眠をたっぷりとる
・適度に運動する
・禁煙を心がける

睡眠「これらは、当たり前の健康的な生活ですが、人の肌の美しさは、体の内側の健康がつくり出すものです。肌の細胞と細胞の間は、油でつながっています。健康な肌であれば、その油の量がきちんと保たれているため、油が過剰に出ることもありません。健康的な食生活や生活習慣を心がけていれば、肌が健康になり、皮脂が過剰に分泌するのもおさまるでしょう。とくに注意したいのが、脂っこい食事と睡眠不足です。肌は睡眠中に回復するため、肌の健康状態を良くするためにも、しっかり眠ることが大切です」。

 皮脂が過剰に分泌されるということは、皮膚が健康でない証拠。テカりが気になっているという人は、自分の肌が不健康になっている原因を見つけて改善し、保湿スキンケアと内側からの栄養を補いながら、皮膚の健康を取り戻しましょう!

蘇原 しのぶ先生【教えてくれた人 蘇原 しのぶ先生】
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。