1. トップ
  2. ダイエット・健康

たるんだおなかを引き締め!寝ながらできるきくち体操

ESSE編集部
2020.01.21
  • この記事を
    シェア

正月太りで気になるおなかまわり。「骨がないおなかは、脇腹の筋肉を育てると自然に引き締まります」と話すのは、きくち体操を考案した菊池和子さん。
寝たまま簡単にできる体操を教わりました。続けていると、美しい体に変わっていきますよ!

たるんだおなか回りを撃退!きくち体操流ウェストねじり

左右におなかをねじってみて、ねじりにくい方が弱っている筋肉。意識してしっかり伸ばしましょう。

1:手を広げて床に置き、ひざを胸に寄せる

手を広げて床にあおむけになる女性
たるんだおなかを引き締める「きくち体操」
あおむけになり、ひじは肩の高さで横に広げ、つま先を伸ばし、両ひざをそろえて胸に引き寄せる。

<ポイント>
・つま先を伸ばす
・ひじをのばす

2:ひざを胸に寄せたまま右側の床に倒し、首は左側へ

ひざを胸に寄せたまま右側の床に倒し、首は左側へひざを胸に引き寄せたまま、ゆっくりと右側の床に倒し、首は左側へ向ける。おなかの左側面が伸びたところでキープ。

<ポイント>
・目線は左手に
・両脚はそろえたまま

<NG>おなかと両脚の力が抜けてしまっている

おなかと両脚の力が抜けてしまっているおなかと両脚の力が抜けてしまうと、ぞうきんのようにしっかりと脇腹をねじれません。脚の重さでパタンと床につけるのは避けて。

3:ひざを胸に寄せたまま左側の床に倒し、首は右側へ

ひざを胸に寄せたまま左側の床に倒し、首は右側へひざを胸に引き寄せたまま、ゆっくりと左側の床に倒し、首は右側へ向ける。おなかの右側面が伸びたところで、使っている筋肉を感じとりながらキープ。

<ポイント>
・目線は右手に

※妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は事前に医師と相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。

<撮影/山田耕司 モデル/幣原あやの 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【菊池和子さん】

1934年生まれ。体育教師を経て、心と体、脳のつながりに着目した「きくち体操」を創始し、85歳の現在もなお現役で指導を行う。著書に『おしりが上がる 驚異のきくち体操』(ダイヤモンド社刊)ほか多数