1. トップ
  2. ダイエット・健康

きくち体操でたるんだ二の腕がスッキリ!タオルねじり

ESSE編集部
2020.01.20
  • この記事を
    シェア

なかなか落ちない二の腕のぜい肉は、小指までしっかり力を入れてタオルを絞れば、キュッと引き締まります。脇から伸ばすように体を横に倒すと、ボディラインもきれいに。

「きくち体操」で知られる菊池和子さんに、タオルねじりの体操を教わりました。

きくち体操でたるんだ二の腕がスッキリ!タオルねじり

1:タオルを半分に畳み、胸の前でギュッと握る

タオルねじる女性
タオルを使ってできる! きくち体操
両脚をそろえて真っすぐ立ち、腕は肩の高さで真っすぐ伸ばす。半分に畳んで丸めたタオルを両手のすべての指に力を入れてしっかりと握る。

<ポイント>
・ひじを伸ばす
・足裏全体でふんばる

タオル両手で持つ<ポイント>
・すべての指に力を入れる
「小指にギュッと力を入れると腕が引き締まります」と、菊池さん。

2:手に力を入れ、ぞうきんを絞るようにしてタオルをねじる

タオルをねじる両手のすべての指に力を入れて、右の親指を右へ、左の親指を左へひねり、ぞうきんを絞るように全力でタオルをねじる。

3:タオルの両端を持ち、胸の前で引っぱる

タオルを両手で引っ張るように持つ女性タオルを肩幅ほどの幅に折り畳み、両端を持ったら、タオルがピンとはるように胸の前で引っぱる。このとき、足は肩幅にひらいて、足指でしっかり踏んばって立つこと。

<ポイント>
・タオルをピンとはる

4:タオルを引っぱったまま頭の上に上げ、左右にゆっくり動かす

タオルを両手で持って上に上げる女性タオルを引っぱったまま、両腕を頭の上に上げる。骨盤のつけ根から動かすようなイメージで、使っている筋肉を感じとりながらゆっくりと体を左右に動かす。

タオルを両手で持って左に体を動かす左にも。

タオルを両手で持って右に体を動かす右にも。

※妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は事前に医師と相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。

<撮影/山田耕司 モデル/幣原あやの 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【菊池和子さん】

1934年生まれ。体育教師を経て、心と体、脳のつながりに着目した「きくち体操」を創始し、85歳の現在もなお現役で指導を行う。著書に『おしりが上がる 驚異のきくち体操』(ダイヤモンド社刊)ほか多数