ファミリーマートで買える罪悪感少なめの3時のおやつ
高木沙織
2019.06.24
  • この記事を
    シェア

ランチからしばらく時間が経つと、小腹がすいてくるもの。“3時のおやつ”の時間だと言わんばかりに、体内時計が反応する方もいるでしょう。

どうしてもおやつを食べるなら、なるべく太らないものを選びたいですね。
ビューティーフードアドバイザー・ヨガインストラクターの高木沙織さんに、ファミリーマートで購入できる、罪悪感少なめのおやつを紹介してもらいました。

罪悪感少なめのおやつ

ファミリーマートで買える!小腹がすいたときにおすすめの罪悪感少なめおやつ

●マンダリンオレンジがまるごとドライフルーツに

マンダリンオレンジがまるごとドライフルーツにまずは自然派おやつの「まるごとドライオレンジ」です。こちらの特徴としては、タイ産のマンダリンオレンジを1房ずつドライフルーツに仕上げているところ。

“まるごと”ということは、果肉を包む袋やスジも一緒。この部分には、毛細血管を強くしたり血流をよくしたりする栄養素が含まれるため、ぜひ一緒に食べたいところです。
また、水分が抜ける過程で果物の甘さがギュッと凝縮されるため、おいしさもしっかりと感じられます。

・まるごとドライオレンジ 152円(税抜)

●ちょっとリッチなバナナ

ちょっとリッチなバナナおやつに食べても罪悪感が少ない食べ物の代表として“バナナ”が挙げられるのではないでしょうか。

バナナといえば、腸内環境の改善に期待されるオリゴ糖を含むほか、消化がよくすぐにエネルギーに変換されるため、体や頭を使う前などに食べるのにオススメの果物。
午後3時はまだこれからひとがんばりしなくてはならない時間帯なので、エネルギーのチャージにピッタリです。

しかもファミリーマートで購入できるバナナはちょっとリッチ。素材や製法のグレードを上げた高付加価値商品・プラチナラインの「濃厚な甘みの厳選ハイランドバナナ」は、標高800メートル以上の指定農場で栽培されたもので、その名のとおり濃厚な甘味が特徴です。

ちなみにバナナ(生)のカロリーは、可食部100g当たり86kcal。ポテトチップスうすしお味85g当たり477kcalと比較をしてみて、どちら食べたらよいのか検討してみては。1本食べきりなところも購入しやすいですね。

・濃厚な甘みの厳選ハイランドバナナ 149円(税抜)

●なんとカロリーゼロ!片手で食べられる杏仁

片手で食べられる杏仁名前からもひかれるのが、「0kcalおいしい杏仁」。杏仁豆腐の味の決め手となる杏仁霜を使用して、本格的な甘い香りを実現したのがこちら。

片手でツルンと口に運べる手軽さは、なにかと忙しいけれどちょっと食べたいときに重宝されますよね。杏仁豆腐のさっぱりとした甘味に満たされながらもカロリーゼロなのがうれしい。暑い日のおやつにいかがでしょうか。

・0kcalおいしい杏仁 180円(税抜)

●ライザップとコラボしたプリン

ライザップとコラボしたプリン最後はプリン。ツルンとのどごしがよく、それでいて甘味もあるおやつの定番です。こちらはファミリーマートとあのRIZAPのコラボ商品で、おいしさと糖質にこだわってつくられています。

ランチ後の午後3時はちょうど血糖値が下がって空腹を感じやすくなる時間帯。糖質が多いものを摂ってしまうと血糖値は急上昇し、それを下げるためにインスリンが分泌します。インスリンが必要以上に分泌されると、糖分を脂肪として蓄えやすくなると言われています。

なので、カロリーもそうですが糖質の量も気にしたいところです。こちらは1個当たり糖質9.9gと控えめです。

・RIZAP 薫る抹茶プリン 158円(税抜)

おやつはガマンできればそれに越したことはないのですが、その日の心・体の状態によって欲してしまうこともあります。
ポテトチップスやクッキー、生クリームたっぷりのおやつを食べてしまうという方は、今回紹介したものもぜひ取り入れてみてください。

※店舗や時期によっては取り扱いがない商品もあります

●教えてくれた人
【高木沙織さん】

ヨガインストラクター・ライター。ボディメイクからリラックスまで幅広く体の悩みに対応。スーパーフードエキスパートの資格をもち、運動・食の面から多角的に美容と健康をサポートする公式ブログは「Saori Takagi」