呼吸が浅いとぽっこり下腹に!正しいおなかの使い方
ESSE編集部
2019.09.05

夏も終わりそうだけど…薄着でいられる今、おなかをやっぱりどうにかしたい! 

話題のダイエットをESSE読者が実践してみるこの企画、今回は「奇跡の3日腹ペタ」を試してみました。

ポッコリおなかの原因は間違った呼吸法にあり?正しくやれば腹ペタに!

ダイエットでもっとも気になる部位がおなか!憧れの腹ペタを目指しましょう(画像はイメージです)
●おなかの使い方を覚えるまで3日は続けよう

ポッコリおなかの原因は、間違った呼吸法にあるのかも!? 呼吸整体師・森田愛子さんが考案した腹ペタワークは、呼吸法を見直すことでおなかのハリを解消し、体をコンパクトにします。

「おなかが出るのは、ぜい肉のせいだけでなく、間違った体の使い方や無意識の呼吸によって習慣化した“おなかのクセ”も原因。悪いクセによって横隔膜の動きが悪くなり、胃や腸などの臓器が緊張します。それにより内臓が下垂し、下腹がポッコリと出てくるんです」

そんな悪いクセを修正するために行うのが、腹ペタワーク。横隔膜がしっかりと動かせるようになり、浅い呼吸が深い呼吸に。おなかにたまっていた圧がプシューと抜けるようにへこむのを実感できます。今回は、基本の2つのワークを紹介しています。

「おなかの使い方を体が覚えるまで、まずは3日間続けましょう。おなかのハリはもちろん、徐々に全身の巡りがよくなり、さまざまな不調も軽くなりますよ」

【基本の呼吸法】

上腹部に力が入り、下腹部がかたい人は、いつも呼吸が浅い状態。この呼吸では、常におなかがはってポッコリおなかに。腹ペタワークでは「上腹部に力を入れない」と「下腹部をへこませる」を守り、深い呼吸を身につけます。

イラスト1:鼻から少しずつ息を入れる

おへその下に手をあて、ゆっくりと一定のスピードで、鼻から少しずつおなかに息を入れる。

2:口から少しずつ息を吐く

これ以上吸えないところにきたら、一定のスピードで、口から少しずつ息を吐いていく。
3:息を吐きながら下腹部をへこませる

息を吐きながら、下の図の「下腹部スイッチ」が盛り上がるように力が入るのが理想的。

●下腹部スイッチとは?

イラスト下腹部下腹部スイッチは、腰に手をあてたときに指に触れる出っぱった部分(ASIS)の内下方。下腹部をへこませたときに、ここにキュッと力が入ればOK。

●バッグを持つときも力の方向を意識しよう

同じ重さのバッグでも、意識をどこに向けるのかで感じ方が変わります。腹ペタワークの前に、意識の違いによる差を、体感してみましょう。

〔A〕前に出したら止める

イラスト片手で小さく前ならえをしたあと、大きく前ならえをして止める。そのまま重めのバッグを手首にかける。

〔B〕前に意識を伝え続ける

重めのバッグ小さく前ならえをしたあと、手を前に出すことに意識を伝え続けながら、大きく前ならえ。そのまま重めのバッグを手首にかける。

【どっちが重く感じる?】

重さは同じはずなのに、Aの方が重く感じませんか?Aはバッグの重さをこらえる感覚が働くため、ずっしりと感じるんです。一方で手を前に伸ばし続ける意識をもったBは、重さをこらえる感覚がなく、体やおなかが緊張しません。

【実践】体の圧を抜いて簡単なワークをしましょう

ここまでで習得した呼吸法と力の方向の感覚を意識しながら、簡単なワークを実践してみましょう。体がすーっと軽くなりますよ。

●脚のつけ根ゆるめ 

脚のつけ根ゆるめ下腹部と関係の深い、脚のつけ根。カチコチにかたくなったつけ根をしなやかにほぐします。

1:あおむけになる

2:左の股関節とひざを曲げ、右脚は骨盤から下に向かって押し出すようにする

●寝ゴロゴロ

おなかの深いところを使って体をゴロゴロと動かしながら、手足と体幹のバランスを整えます。

1:あおむけになり、両手を前ならえする

仰向け両手のばす両手のひら、両脚をぴったりそろえます。

2:手のひらをつけたままバンザイする

仰向け両手のばして上に足はくっつけ、できるだけ下腹部はへこませます。背中が反る場合は、腕を上げすぎています。

3:手足をつけたまま右側にゴロン

両手をのばしてゴロン腹筋には力を入れず、おへそ、下腹部をへこませながら動きます。

4:手足をつけたまま、うつ伏せになる

両手のばしてゴロン5:元の方向に戻る

両手のばしてゴロン6:左側にゴロン

両手のばしてゴロン
2~6を10~20回繰り返す
2~6の動作を10回繰り返します。

【私たちもやってみました!】ウエスト減も!

・ポッコリおなかの娘と挑戦。効き目を感じています

「小学生の娘とやりました。私は気持ちよかったのですが、呼吸が浅く、ポッコリおなかの娘は「疲れる」と。一緒にがんばろうと思います」(Sさん・千葉県・45歳)

・ウエストが−1.2cm!体が軽くなりました

「体が軽くなったのを実感! 1週間で体重が0.4kg、ウエストが1.2㎝減りました。1日数分でできるので、ストレスなく続けられます」(Nさん・東京都・43歳)

※持病のある方や、現在通院をされている方は、主治医と相談のうえ、お試しください。不調が出た場合はただちに中断し、医師に相談してください。

<写真提供/長谷川梓 イラスト提供/中村知史 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【森田愛子さん】

呼吸整体師として「体を育て直す」をコンセプトに渋谷鍼灸理学治療室を運営。著書に『育てて、紡ぐ。暮らしの根っこ』(ワニブックス刊)ほか