健康なまま長生きできる!最強の食事術
ESSE編集部
2019.05.09
  • この記事を
    シェア

健康なまま長生きをするために、食べ物の選び方はとても大切です。中でも、血糖値をコントロールできる食べ物をうまく摂取することで、病気を遠ざけることも可能に!
医学博士の牧田善二先生に、長生きに効果的な食べ物を教えてもらいました。

病気を遠ざける長生きするための食べ物

血糖値をコントロールして健康になる最強の食べ物を紹介します。

●糖質もオリーブオイルを一緒にとれば血糖値の上昇が抑えられる

オリーブオイルは、地中海の長寿食といわれるほど体にいい食品です。なかでも好ましいのが、高品質のエクストラバージンオリーブオイル。
「パンやパスタなど糖質と一緒に摂取すると、血糖値の上昇が抑えられ、糖質を単独でとるより太りにくくなることがわかっています」

●ほとんどのキノコは糖質がほぼゼロ

キノコのイラストキノコは太らない食材の代表格。食物繊維が豊富なので、便秘や大腸がんの予防になるほか、胃での消化をゆっくりにし、糖質の消化・吸収を遅くしてくれるので血糖値が上がりにくくなります。
「さらに、免疫力を上げる働きもありますよ」

●赤ワインは老化防止、白ワインにはやせる効果が!

ワインは赤・白どちらにも血糖値を下げる効果があります。赤ワインはポリフェノールをたくさん含み、強い抗酸化作用があるので老けない体づくりに有効です。白ワインは、ミネラル成分の影響でやせる効果が。ただし、糖質の少ない辛口を選ぶこと。

●美容と老化防止に生のブルーベリーを

果物のなかでは、糖質低めのブルーベリー。ビタミン類が豊富なので美容によく、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが大量に含まれていることからアンチエイジング効果も。さらに、視力回復効果があることも知られています。

●良質のタンパク質がとれるチーズ

チーズのイラスト乳製品のなかでもチーズは、血糖値を上げずに良質のタンパク質がとれるので、積極的にとってほしい食べ物です。
「選ぶ際は、塩分が強くないものを選ぶこと。また、ヤギの乳でつくったチーズは少々クセがありますが、より体にいいといわれています」

●ナッツはダイエット中の間食に最適

ナッツのイラストアーモンド、クルミ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなどナッツ類には、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、体によい成分が多く含まれています。
「ダイエット中の間食にも適しています。ただし、なるべく無塩のものを選ぶこと」

●大豆に含まれるイソフラボンが老化を防ぐ

大豆には、良質な植物性タンパク質がたっぷりと含まれています。また、大豆に含まれるイソフラボンという成分は、体内で女性ホルモンと似た働きをし、老化を防いでくれます。「豆腐や豆乳など、大豆を使った食品を日常的に食べて、太らず老けず、健康な体に」

●食物繊維が豊富で糖質ゼロ。海藻はダイエットの強い味方

肌や髪を美しくする効果があるといわれる海藻。ビタミンやミネラルが豊富で、糖質が含まれていないため、ダイエットの強い味方でもあります。
「食物繊維が豊富なので、便秘を防ぎ、大腸がんを予防し、腸内バランスも整えてくれます。食物繊維が多いと、消化に時間がかかるので、血糖値を急上昇させないメリットも」

●教えてくれた人
【牧田善二さん】

医学博士。2003年に、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を開業。延べ20万人以上の患者を診ている。著書に『医者が教える食事術 最強の教科書』(ダイヤモンド社刊)などがある

<イラスト/tent 取材・文/ESSE編集部>

医者が教える食事術 最強の教科書 医者が教える食事術 最強の教科書


肥満・老化・病気を遠ざける68の具体策を1冊に網羅!