夏の不調を解消&エネルギーチャージ!飲みやすいヘルシーグリーンスムージーのつくり方
2016.07.20
  • この記事を
    シェア

 クセがなく、飲みやすい食材の組み合わせでつくるスムージーをご紹介。ホウレンソウは鉄分や葉酸、カリウムが豊富で、デトックス効果も。オレンジは抗酸化作用のあるビタミンCたっぷり。バナナの甘味で飲みやすさがアップし、エネルギーもチャージ!ぜひお試しあれ!

グリーンスムージー

スムージーにまつわる3つのポイント

●使う材料は基本的に生のグリーン(葉野菜)とフルーツと水だけ。根菜などでんぷん質の野菜は入れない

●飲む量はコップ1杯から。1日1リットル飲むと効果を実感しやすい。冷蔵庫で1日保存可能

●食事という位置づけで単体で飲む。常温で飲むのがおすすめ

グリーンスムージーのつくり方

●材料(約500ml分)

・ホウレンソウ 2株
・オレンジ 1個
・バナナ 1本
・水 1カップ

●つくり方

【1】それぞれの材料をミキサーでかくはんしやすいよう、適当な大きさに切る。ホウレンソウは適当な大きさに切る。オレンジは外側の皮をむいて適当な大きさに切り、種があれば取り除く。バナナは皮をむいて適当な大きさに手でちぎる

適当な大きさに切る【2】汁気の多いもの(オレンジ)、やわらかいもの(バナナ)、葉野菜の順にミキサーに入れ、分量の水を加える

葉野菜の順に入れる【3】ミキサーのスイッチをオン!なめらかになるまでかくはんする。仕上がりまでにかかる時間は、マシンによって異なる

ミキサーのスイッチをオン!

【監修/仲里園子さん、山口蝶子さん】
グリーンスムージーを日本に広め、気軽に、ハッピーにローフードを生活にとり入れる方法を提案する姉妹ユニット。各地で開催するワークショップも大人気。著書に『グリーンスムージーをはじめよう』(文藝春秋刊)ほか

<撮影/山田耕司>

グリーンスムージーをはじめよう

グリーンスムージー公式本がパワーアップ! 大流行のグリーンスムージー。2011年発売の入門書に、提唱者ブーテンコ氏のインタビューと最新10レシピを追加した決定版。