猫背の人は要注意!表情筋のゆがみを整えて小顔になる方法
  • この記事を
    シェア

2019.01.10

小顔になるためのお手入れをがんばっても、一時的にしか効果がないという人はいませんか? 猫背など悪い姿勢で体の筋肉がゆがむと、顔の筋膜も引っぱられ、顔がたるんでしまうんです。

顔の筋膜から整えて、引き締まった小顔になる方法を、理学療法士で医学博士の竹井仁先生に教えてもらいました。

たるみをなくして若返りも!表情筋の筋膜リリース

竹井先生が提唱する「筋膜リリース」は、体をさまざまな方向に伸ばすことで、筋膜のゆがみをときほぐす動きのこと。リリースの間は、気持ちいいくらいの穏やかな伸ばし具合をキープします。表情筋の筋膜リリースをすることによって、小顔を手に入れましょう。

(1)両腕を肩の高さに上げて指でひし形をつくる

両腕を肩の高さに上げて指でひし形をつくる
表情筋の筋膜リリースで小顔を手に入れる
姿勢を正してあごを引く。両腕を肩の高さに上げ、ひじを曲げる。左右の親指と人差し指をつけてひし形をつくる。

(2)肩甲骨から動かすように手を起こし10秒リリース

肩甲骨から動かすように手を起こし10秒リリースあごを引いたまま、ひじを支点に肩甲骨から動かすようにして、両手を起こし10秒リリース。このとき、ひじが背中より後ろにいかないように注意を。

(3)あごを引いたまま、舌を突き出し10秒リリース

舌を突き出し10秒リリース(2)の姿勢であごを引いたまま、舌をできるだけ遠く、斜め上に突き出して10秒リリース。

【NG例】

NG例あごも一緒に上げてしまうのはNGです。

(4)「最大限の笑顔」で10秒、「目を見開いて」10秒、「手と顔を開いて」10秒リリース

10秒リリース舌を引っ込めて口を閉じる。左右の口角を耳の方に引き上げ、最大限の笑顔をつくったら10秒リリース。次に笑顔はそのままで、目を大きく見開いて10秒リリース。

最後に口を大きくあけ、手の指も開いて、顔全体を左右上下に大きく開くように広げて10秒リリース。

(1)~(4)を3セット繰り返す。

※妊娠前期、後期の3か月の人は行わないでください。それ以外の時期は医師と相談を。また骨折治療中や、手術をして1か月未満の人、悪性腫瘍やがん、動脈りゅうのある人も避けてください。心配な場合は専門医と相談を

●教えてくれた人
【竹井仁先生】

理学療法士、医学博士。首都大学東京教授。病院と整形外科クリニックにおいて臨床を実践。著書に『日めくり まいにち 筋膜リリース』(扶桑社刊)など

<撮影/山田耕司 モデル/森桃子 ヘアメイク/宇田恵茱(Luce) 取材・文/ESSE編集部>

日めくり まいにち 筋膜リリース


テレビで大反響の「筋膜リリース」が、日めくりで登場。毎日1枚めくって、見ながら、楽に、自分で、筋膜リリース!症状別にもページを選べます