夏までに脚やせ!「ゆっくりスクワット」なら運動嫌いの人でも続く
MONA
2018.05.22
  • この記事を
    シェア

多くのダイエッターが、挫折を繰り返しながらも夢見る「脚やせ」。

ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの資格をもち、ダイエットにまつわる本も出版したMONAさんは、「じつは、脚やせは難しくありません!」と語ります。

15kg減量し、2年間リバウンドなしというMONAさんが実践している「脚やせメソッド」を教えてもらいました。

運動が苦手でも脚やせを目指す!「超スロー・スクワット」のやり方

いろいろなエクササイズを試してきましたが、スクワットは、私にはもっとも効果があった脚やせトレーニングです。

行う場所を選ばないので、いつでもどこでもでき、運動ぎらいの私でも続けられました。
ビフォーアフターダイエット前はガッシリ&むちむち脚だったのに、トレーニングを経てSサイズのジーパンをはけるようになった私が、ポイントをお伝えします。

●スクワットは鏡で全身を見ながら行うとわかりやすい

まず、大事なのはスクワットのフォーム。太ももの前側に力が入らないようにし、太ももの後ろ側からお尻にある筋肉を使って行うことがポイント。
鏡で全身を見ながら行うとわかりやすいです。

(1)両足を腰幅に開いて、ひざとつま先は少し外側に向けます。ひざが内側に入らないように注意して。(1)両足を腰幅に開いて、ひざとつま先は少し外側に向けます。ひざが内側に入らないように注意して。

下腹部にぐっと力を入れると、いい姿勢をキープしやすいです。(2)両腕を水平に上げ、手を胸の前で組みます。背中は丸めずまっすぐに、腰も反り腰にならないように。下腹部にぐっと力を入れると、いい姿勢をキープしやすいです。

さらに、ひざが足の指よりも前に出ないようにします。(3)背中を丸めずに、息を吐きながら腰を落とします。このとき、ひざを曲げるのではなく、股関節から曲げるよう意識すると、やせたいところに効きやすくなります。

さらに、ひざが足の指よりも前に出ないようにします。

ここはぐっとこらえてください(4)さらに腰を落とします。イメージとしては、背後に子ども用の小さなイスがあり、それに腰かけるようにお尻を突き出すのがポイント。

重心が後ろにもっていかれて足指が浮きそうになりますが、ここはぐっとこらえてください。

(5)太ももが水平(床と並行)になるところまで腰を下ろします。ここで息を吐き、吐ききったら3秒キープします。

(6)息を吸いながら元の体勢に戻り、(3)~(6)を10回繰り返します。

昔、体育の授業などで行ったスクワットは、とにかく勢いで回数をこなすものが多かったですが、これは真逆。

ゆっくり時間をかけて、太ももの後ろ側に効かせる意識で行うスクワットは、10回やるだけでも十分で、体が熱くなります!

私は、1日のなかで何度もスクワットを行っています。
トイレに行ったら10回、鏡の前に立ったら10回…など、やりやすいルールで無理せず実行。

ワーキングマザーなので、忙しくてもできる、ゆるめのルールで追い込みすぎずにやっています。脚やせを目指したいなら、三日坊主にならずに、とにかくゆるゆると続けてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【MONAさん】

岐阜県岐阜市在住。夫、長女、二女との4人暮らし。ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとベジフルビューティーセルフアドバイザーの資格を活かし、ダイエット・健康・美容に関する情報を日々発信しているワーキングママ。ブログ「MONAの産後ダイエットで愛されBODYに~」では、産後1年で15kgのダイエットに成功したワザや、その後もリバウンドなしでキープしているコツを披露。著書に『産後太りからマイナス15キロ 足までやせたすごいダイエット』(KADOKAWA)がある。

産後太りからマイナス15キロ 足までやせたすごいダイエット


毎日5分のエクササイズとちょっぴり糖質オフだけ!ジムに行かないからお金もかからないし、飽きっぽくても大丈夫!