ぽっこりおなかに!続けやすい「糖質オフのスープ」の実力とは?
2018.02.07
  • この記事を
    シェア

52歳のときに1年間で26kgやせた、料理研究家の柳澤英子さん。そのときのつくりおきレシピは書籍化され、シリーズ累計250万部を突破しています。そんな柳澤さんが今イチ押しするのが、ダイエットスープです。

「スープなら材料を切って煮るだけだから、おかずを何品もつくる必要がなく、とっても手軽。肉や魚などのタンパク質と、ビタミンやミネラルが豊富な野菜をひと皿でたっぷりとれるので、健康的にやせられますよ!」

58歳の今も体形を維持しているという柳澤さん考案の「ゆる糖質オフのダイエットスープ」を、30~40代の女性モニター2名に2週間試してもらいました。昼食や夕食のうち一食をダイエットスープに置き換えるだけの簡単ダイエットです。

ダイエットスープで、2週間でウエストがマイナス5.7cm!

まずはNさんの場合を紹介します。夕食か昼食をダイエットスープに置き換えたNさん。

「糖質オフダイエットは難しそうと思っていました。ダイエットスープの本を見ながら実際にやってみると、つくり方は簡単だし、スープだから食事に取り入れやすく、これなら続けられそうと思いました」。

2週間で、ウエストはマイナス5.7cm、体重はマイナス2.6kgに! 「すぐに結果が出たのもうれしかったです」。

2週間でウエストがマイナス5.7cm左が2週間前、右が現在。たった2週間でウエストが5.7cmもダウン! 始めてから3日で2.3kgも落ちたので、ビックリ。3日目ぐらいからお通じもよくなりました。

牛肉のだしスープ初日につくった「牛肉のだしスープ」。夫と2歳の子ども用には、うどんを入れたところ、好評だったそう。

●「牛肉のだしスープ」のレシピ

材料(2人分)
牛薄切り肉 180g
青ネギ 2本
シメジ 1/2パック
水 2カップ
白だし 大さじ2~3
七味唐辛子 適量

つくり方

牛肉のだしスープ(1) 青ネギは斜め薄切りにする。シメジは石づきを除き、小房に分ける。牛肉は半分の長さに切る。

(2) 鍋に分量の水を入れて中火にかける。煮立ったら、シメジ、白だしを加え、弱めの中火で2分ほど煮る。

(3) 牛肉を加え、肉の色が変わったらアクを除き、青ネギを加えて火を止める。器に盛り、七味唐辛子をふる。

ホタテとニンジンの卵スープ「ホタテとニンジンの卵スープ」に、糖質ゼロのビールを1杯。「このスープに麺とかご飯を入れたら、もっとおいしいんだろうなぁと思いましたが、我慢。お酒を飲むと食べたい気持ちが強まりましたが、耐えられないほどの空腹ではなかったので、続けられました」。

体脂肪率が一気にマイナス2.8%!

続いて体験してくれたのは、Kさん。朝と昼は普段どおりの食事をし、夕食だけダイエットスープに置き換えました。

「生理前は便秘気味で体重はあまり落ちませんでしたが、生理が始まってからは順調に体重が落ち、2週間で体重マイナス2.3kg、ウエストマイナス4cm、ヒップマイナス1cm、体脂肪率マイナス2.8%など、うれしい効果がありました。ダイエットを始める時期を生理が終わってからにすれば、もっとサイズダウンできたかもしれません」

体脂肪率が一気にマイナス2.8%左が2週間前、右が現在。たった2週間でウエストが4cmもダウン!

キノコクリームスープスープにクリームチーズを入れるのがポイントの、キノコクリームスープ。「チーズが入っていると、コクが出ておいしかったです」。

豚肉と高菜スープ「豚肉と高菜スープ」。高菜を入れるから味つけがラクで、とっても簡単なのにおいしい。

豚肉と高菜スープ「“スープのもと”を冷凍しておけるので、時間があるときにもとをつくっておけば、忙しいときにパパッとつくれて便利でした」
スープはたっぷり食べてOK。Kさんは、どんぶりによそってしっかり食べたそう。

糖質が少ない食べ物「空腹感はそんなにありませんでしたが、生理前は食べたい気持ちが強くなりました。空腹を感じたときは、糖質が少ないゆで卵やアーモンド、チーズ、高カカオのチョコなどを食べてしのぎました。スープは家族が食べる食事に汁物として出していたので、私だけ別メニューをつくる必要がなくお手軽でした。これからも続けていきたいです!」

『ゆる糖質オフのダイエットスープ』(扶桑社刊)には、今回紹介したものを含めて、糖質オフのスープレシピを80種類掲載しています。おなか周りが気になる人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

※ダイエットスープの体験談はいずれも個人の感想であり、効果には個人差があります

●教えてくれた人
【柳澤英子さん】

編集・ライターとして料理関連の雑誌や書籍に携わるとともに、レシピ開発や提供にかかわる。自身が1年間で26kgやせたダイエットレシピがベストセラーに。最新刊に『ゆる糖質オフのダイエットスープ』(扶桑社刊)がある

<取材・文/ESSE編集部>

ゆる糖質オフのダイエットスープ


シリーズ累計250万部を突破した『やせるおかず作りおき』の著者・柳澤英子さんの“やせるスープ"レシピ。スープにする最大のメリットは、タンパク質や野菜が無理なくしっかり食べられるから、健康的にやせられること。忙しい人にぴったりのダイエットレシピ本です。