1. トップ
  2. グッズ

取り入れやすい和の食器。1枚使うだけでテーブルが華やかに

ESSE編集部
2021.05.26

すてきな食器は、何枚あっても欲しくなってしまいますよね。伝統的な和食器も、かわいい色やモダンなデザインのものがたくさんあります。ここでは、テーブルを華やかにしてくれる個性豊かな和の食器をご紹介します。

今どき和のテーブルウェア

●かわいらしい菊花皿で食卓がパッと華やぐ

菊花皿軽くて丈夫な美濃焼の磁器。菊の花のやわらかなシルエットが魅力的で、料理は縁を残すように中央に盛りつけるのがおすすめ。白と黒のシンプルな色合いで、長く愛用できます。
・菊花7寸皿(白、黒) 各¥2420、菊花4寸皿(白、黒) 各¥1430(すべておうちで楽しむ陶器市うちる)

●ぽってりとした厚みに鮮やかな絵つけが魅力!

ピンク水色食器など沖縄の言葉で「焼き物」を意味するやちむん。青い海や南国の植物の色などを使った絵柄で、沖縄らしさを感じさせてくれます。存在感ある見た目はメイン料理にぴったり!
・仲間陶房7寸皿(うふどー魚紋) 約直径21.5×高さ4cm ¥5940、spw八木由美子盛り鉢(丸・大) 約直径23×高さ5cm ¥4840、西表焼青烽窯ブルーの海コロコロ小鉢 約直径9.5×高さ3cm 各¥1210、眞正陶房7寸浅鉢(マカロンピンク) 約直径21.5×高さ4cm ¥4510(すべてニライカナイ自由が丘)
※一点ものが多く、店頭に取扱いのない場合があります。

●日本のあでやかな伝統色で料理が映える!

フルーツ夕暮れどきの青い空がほんのり赤く染まった「紅掛空色(べにかけそらいろ)」など、日本の伝統色を使った波佐見焼の皿。普段使いしやすいシンプルな形と美しい色で、どんな食材や料理も華やかに!
・DRESS取皿(白藍(しらあい)色、紅掛空色) 直径15.3×高さ2.5cm 各¥2178、大皿(黄蘗(きはだ)色、一重梅(ひとえうめ色) 直径21.5×高さ3.4cm 各¥3278(すべてDRESSショップ)

●紺青色のグラデーションが美しい!

おちょことお刺身作風が多種多様で、個性豊かな作品が多い笠間焼。「あじさい工房」独自の燻銀彩焼(いぶしぎんさいやき)は、焼いたあとにいぶすことで落ち着いた雰囲気のスモーキーな紺青色に。和食はもちろん洋食にもよく合います。
・燻し銀彩波型彩色鉢 約縦30×横30×高さ10cm ¥8360、燻し銀彩ぐい呑み 約直径6×高さ5cm ¥3300、あじさい工房燻し銀彩片口 約直径9×高さ11.5cm ¥5830(すべてテーブルライフ)

●金属みたいな質感で食卓をシックに!

金属風食器滋賀の信楽に窯を構える陶芸作家・村上直子さんの器。金属が錆びたような風合いで、オーバル形や小菊をモチーフにしたプレートが人気。インテリアとして使ってもおしゃれ!
・村上直子 鉄sabiアンティークな中皿 約直径19cm ¥3740、黒錆小菊プレート小 約直径12cm ¥2200、鉄sabiアンティークなオーバルプレート 約幅24×奥行20cm ¥4840(すべて和食器セレクトショップフラット)

●触るだけでホッとするマットな質感のカップ

紅茶温かな手触りと素朴な色合いが魅力の益子焼。シンプルな「しのぎ模様」のカップは、リラックスしたいひとときによくなじみます。すべすべとした感触で、口当たりもなめらか。
・kinariしのぎヨーグルトカップ 約口径9.5×高さ5cm ¥1320、kinariしのぎカップ&ソーサー(カップ 約口径9.5×高さ7cm、ソーサー 約直径14cm) ¥2750(すべてわかさま陶芸)

●西洋アンティークのような箸置き

箸置き長崎・波佐見焼の人気窯「京千」が手がけるブランド「sen」。温もりあふれる箸置きは、スプーンなどを置いてもかわいいレース模様の「doily」と、ゴールドが華やかな「flame」の2タイプ。
・sen doilyカトラリーレスト 幅7.3×奥行2×高さ1cm 各¥770、flameカトラリーレスト 楕円 長径5.6×短径4.6×高さ1cm、フリル 長径5.8×短径4.7×高さ0.9cm、角 幅4.5×奥行5.6×高さ0.9cm 各¥990(すべて器と雑貨ボタニカル)

●“泡”がおいしさを引き立てる吹きガラス

吹きガラス水泡(みずあわ)という技法で、吹きガラスの中に美しい泡を表現。飲み物などを入れれば、見た目のおいしさやひんやり感がグッとアップ! 手づくりなので、1つずつ表情が違い、手になじむ質感も◎。
・ガラス工房玄々舎水あわデザートグラス 口径10.5×高さ9.5cm ¥4400、水あわ冷茶グラス 口径9.5×高さ7.5cm ¥3630、水あわ角ぐい呑み 口径6.5×高さ6cm ¥3630(すべて大人の焼き物)

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

  • この記事を
    シェア