1. トップ
  2. グッズ

ニトリの魚焼きグリル用プレートで時短調理。パンやから揚げにも使える

2021.04.18

温度上昇が速く、一気に加熱することでおいしく時短料理が可能な「魚焼きグリル」。しかも魚や肉の余分な脂を落としヘルシーに焼き上げてくれる、便利な調理器具。…なのですが! 「掃除が面倒すぎる」という理由から、キッチンで眠っているという人も多いはず。

今回、手軽にできる暮らしのコツが人気なインスタグラマーのひとみさんが「時短できる!」「便利すぎて手放せない!」と話す、魚焼きグリル用の便利アイテムと時短調理アイデアを教えてくれました。

焼き魚

ニトリの「グリルプレート」が最高。忙しい日々の救世主に

わが家のキッチンはIHクッキングヒーター。魚焼きグリルつき、なのですが、お手入れが面倒でもはやあかずの間に…。焼き魚が大好きなのに、ムニエルや煮魚にすることがほとんどでした。

火力が強く庫内もすぐに温まるので、おそらくパンやピザ、揚げ物のリベイクや、オーブン料理も手早くできそう(コンベンクションオーブンもありますが、こちらも扱いが面倒で使いこなせず)。どうにかして、魚焼きグリルを手軽に使いこなしたい、そんな矢先に出合ったのが、ニトリの「魚焼き対応 スチールグリルプレート ハンドルつき」でした。

ニトリの「魚焼き対応 スチールグリルプレート ハンドルつき」魚焼きグリルだけでなく、オーブン、トースターなどでも調理が可能。大と小の2サイズあり、別売のフタとともに購入してみました。
・魚焼き対応 スチールグリルプレート ハンドルつき 大(幅23.4×奥行20.4×高さ3.5cm) 1017円(税込)
・魚焼き対応 スチールグリルプレート ハンドルつき 小(幅18.4×奥行13.3×高さ3.5cm) 814円(税込)
・魚焼きグリル対応 グリルプレート用 ふた ※写真は以前購入した小サイズ用のもの

プレートにはハンドルがついているプレートにはハンドルがついていて、取り出すときに便利。しかもフタにも使用できます。

●焦げやすい、塩麹漬けの鮭を焼いてみた!

まずは魚を焼いてその実力をチェック。しかも焦げつきやすい、塩麹漬け。

塩麹漬けわが家のIH魚焼きグリルは両面焼きタイプ。皮目を下にしてグリルに置いたら、それを魚焼きグリルの網の上に置きます。私の1人ランチ用なので、小サイズのプレートを使用。

焼き上がりスイッチを入れて5分くらいでパチパチといい音がして、こんがりと焼き上がりました。片面焼き対応の場合は、様子をみながら途中で裏返すとよさそうです。

大きいサイズのプレートなら、家族4人分も一気に焼けます。また、これを使えば、グリル自体は汚れず、プレートを洗うだけでOK。汚れも落ちやすいので、ストレスが少なく気軽に使えます。
※魚焼きグリルは、機種によって火どおりや焼き加減に差がありますので、様子をみながら加熱してください。

●から揚げなど揚げ物のリベイクもグリルで!

総菜のから揚げのリベイクお次は、総菜のから揚げのリベイク。

仕上がり火力が強いので、2~3分後には唐揚げから焦げくさいにおいが…! フタをしておいた方は同じ時間でも焼きすぎた!ということにならず、お肉の水分も失われずに外はカリッ、中はふんわりと仕上がりました。市販の冷凍から揚げでもやってみましたが、ふたをして、5~10分ほど放置している間に、同じようにリベイクできました。

●メインもサブもグリルで一発!お手軽朝食セット

別の食材も一度に加熱調理できるのも魚焼きグリルのポイント。

冷凍のベーグル卵を割り、ウィンナーソーセージとブロッコリー、さっと水にとおした冷凍のベーグルを入れてふたをします。焼き上がったらそのまま食卓へ(プレートは熱いので食べる際は注意してください)。

朝食セットこちらも5分ほどして取り出すと、ふたに面していたベーグルの表面が焦げ焦げにはなってしまいましたが、中はもっちりとして、ベーグルのリベイク具合は完璧でした。

目玉焼き目玉焼きも写真では焼きすぎのカッチカチに見えますが、黄身はしっとりやわらかくてものすごくおいしい! フタをして焼くため、プレート内の水分が蒸発してしまわず、食材にしっかり循環できているから、どの食材も絶品の焼き上がりなんだろうなと思います。ほったらかしで調理しても、かたくならないのもうれしいですね。

今回のベーグルのように高さのあるもののときは、付属のフタではなくアルミホイルでしっかり包んで焼いた方がよさそうです。朝食セットは小さい方のプレートを使用したのですが、わが家の魚焼きグリルには最大3つ入りそうなので、今度買いたそうと思っています。

●魚焼きグリルメニュー:休日のランチに焼きカレー

最後に、休日の子どもご飯につくった、簡単な焼きカレーをご紹介。

焼きカレー温かいご飯に、ざっと削ったカレールーとミックスベジタブルを混ぜて、温玉を落としたら、ピザ用チーズをパラリ。

アルミホイルでフタをして、チーズが溶けるまで数分焼いたら完成。

お手軽ランチグリルでほったらかしのお手軽ランチですが、ご飯がプレートにべったりとはりつかず、お皿洗いもとっても簡単でした。

ほかにも、野菜と一緒に骨つき肉の蒸し焼きなんかも、ほったらかしでパパッとできます。「魚焼きグリル×スチールグリルプレート」の最強コンビを使った調理にしばらくハマりそうです。

火力が強くムラなく火がとおるのでスピード調理に向いていて、ほったらかしでもおいしく仕上がり、なんといってもお手入れが簡単。魚焼きグリル用のプレートはニトリ以外でも販売されているので、ぜひ便利グッズ使いつつ、魚焼きグリルの時短調理、試してみてくださいね。

※おことわり/ここで紹介したアイテムは、仕入れの状況などによって同じ商品が店頭にない場合や、販売終了している場合もあるのでご了承ください。

●教えてくれた人
【ひとみさん】

インスタグラマー、ニューボーンフォトグラファー。夫、2人の娘と岡山で暮らす。インスタグラム(@amehtm)で公開する料理やインテリア、テーブルコーディネートが人気。フォトグラファーとしても活動中で、ニューボーンフォトの出張撮影を行う「setouchi photo Mii」を運営。ホームページ「AMEWORKS」。著書に『パンばか食堂―毎日食べたくなるおうちパンレシピ70』(ワニブックス刊)がある。

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア